スポンサーリンク

人のふり見て我がふり直す。自分がされて嫌なことがあれば、人にはしないという自分の軌道修正に利用する。

Pocket

「人のふり見て我がふり直せ」という言葉があります。

普段、仕事をはじめ人付きをしていくなかでは、いろいろな人に出会うわけで、そのなかで心外な思いをすることも少なくありません。

正直、自分がされて嫌なこともあります。

ただ、そうしたことがあったときは、怒るだけでは終わらせないようにしています。

我がふりはどうか自覚し、人にはしないように気を付けます。

人のふり見て我がふり直す

仕事をはじめとした、人付き合いのなかで出会う人たち。

実にさまざまで、いろいろな人がいれば、その分それぞれの考え方や思うところがあるのだなと感じることは多々あります。

そうした付き合いのなかでは、正直、嫌だなと思うようなこともあります。

相手方としては当たり前なのかもしれませんが、こちらとしては心外で、あまり気持ちよくない思いをするような場面があるものです。

そうしたときは一瞬、心が乱されます。「むむむ・・・」と思ってしまいます。

ただ、その尾を長く引きずるわけにもいきません。怒っても仕方ない。

そこで、「人のふり見て我がふり直せ」が役立ちます。

自分がされて嫌なことは、人にもしない。自分はやっていないか確認しつつ、これからしないように気を付けます。

これまで何度か出くわし、今後もあるだろうと思える、人のふり。いくつか紹介してみましょう。

アポ・時間を守らないという、ふり

なぜだろう?

なぜか、絶対的にアポイントの日程や約束した時間を守ってくれないという人はいます。

かつて、何度かそういうことがありました。

なにか事情があって待つのは仕方ありませんが、特段何の事情もないのに時間を守ってもらえないケールというのが少なからずあります。

特に、なぜか別の予定を半分かぶせ気味にスケジューリングをしている人がいます。そういう相手との待ち合わせや約束は、もちろん時間は守られません。ちょっと、あるいはしばらく待たされます。たびたび。

こうして、待ってみて思うのは、

「相手が待たせる時間以上に、自分の待ち時間は長く感じる」

ということ。

「あと30分で!」と軽く言われてしまっても、こっちの30分は蒸発していきます。その時間があれば、こちらも別の予定や約束の時間に使えたわけで。

ただ、怒っても仕方ありません。

そこで、我がふり直す。

待たされること、時間が浪費されてしまうことは、結構つらい。それならば、自分はしないようにと気を付けることができます。

連絡・返信がない、ふり

また、これも心外だなと感じてしまうこととして、こちらから連絡をしたのに、まったく返信をくれないという人がいます。

特にこれは・・・と思うのは、相手から返信を急ぐような文面でメールをしてきたものに、こちらが早めに返した後、音沙汰がないというケース。こういうのが案外あります。

「至急!」というメールを受け、「これです!」と送ると、返信はありません。

間を置いて聞いてみると、「あぁ、忘れてました」と言われたりすることがあります。

正直、ズッコケます。

ただ、これも我がふり直せ。

返信をしないことはないとは思いますが、もしかしたら自分も返信ミスがあるかもしれない。

気を付けようと思うことができます。

自己中心的な考え、というふり

ごく稀に出会うことがあるのが、自己中心的に考えている人。

特に多いのが、「一緒に仕事しましょう」「一緒にやりましょう」といった、一緒系の人に多いように感じます。

要するに、表向きは共同で仕事をして、お互いに儲けましょうというニュアンスなのでしょうが、結果的にはそうではない・・・というケースです。

そもそも、こちらは乗り気でないのに勝手にアレコレ言ってきます。

結局、「仕事を紹介してください」一極になっていることが多いです。それが、しつこかったり。

大前提として、「こういう案件で困っている人はいないか?」といった、案件ありきで紹介を打診してくるならまだ良いのですが、「とにかくお客を紹介してください」という、何でも良いから紹介してくれよという打診であるのが困るところです。

あるいは、士業の知り合いを紹介してくれとまで言われることも。うーん・・・。

ここでも、我がふりはどうだろうか、確かめます。

正直、こうした自分だけを考えたアプローチは特に嫌なので、他のこと以上に人にしてはなるまいと思っています。

これまで出くわし、これからも出くわすことがあるだろう、いくつかの「ふり」を振り返ってみました。

されることは、する以上にしんどかったりします。

やはり、「人のふり見て我がふり直せ」

自分はどうか?人にはしていないか?

少しでもしていれば、軌道修正する。していないことは気を付ける。

こうすることで、複雑に思う気持ちも、うまくやり過ごすことができますしね。

編集後記

けさは、5時半起床。

昨日はオープン日だった近所の市民プールへ。

午後3時ころなら、結構空いているかなと思って行ったところ、混雑してました。

しかし、やはり夏は屋外のプールが気持ち良い!ちょくちょく行ってみようかなと。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク