スポンサーリンク

ネットで生きていると小さなことでも凹みやすい。ネットで凹まないためにやっていること。

Pocket

ホームページ・ブログといったベースにて、ネット上に存在して生きています。

ネットだからといって、ドライ・感情は関係ないというわけではなく、ネットにいるからこそ凹む要因というのはあります。言われのないことを言われることや、匿名での文句などもあります。

むしろ、顔が見えにくいネットだからこそ、凹みやすいです。でも、凹みたくない。

ホームページやブログにて、少しでも凹まないためにやっていること、気を付けていることというのがあります。

ネットは凹みやすいから、防御しておく

ネットに存在しているからこそ、凹む要因というのはあり、出来る限りそういった要素は除きたいと考えています。

ブログで記事を書くことやホームページ上でのメッセージというのは、一見、平常心な感じがして、揺れ動かない感情の人が書いているように見えますが、書いているのは人であって、特に私は全部自分で書いています。

書いていることについて、何かを咎められれば、気にし、ある程度の凹みを感じます。

また、ネットでやっているからこそある、別の凹みもあります。結構どうでも良いように思えることも、その瞬間その時は気にしてしまうものです。

凹めば、面倒くさいです。凹んだら、復活しなければいけませんが、時間がかかります。

それが面倒なので、はじめから凹みに対して気を付けておき、意識していることがあります。

関係なくても凹むから、ブログにコメント欄は設けない

ブログについて当初からやっていることとして、記事にコメント欄を設けていません。

コメント欄を設けておくと、簡単に、さくっとコメントを残せるというメリットはあるのでしょうが、デメリットが大きく、凹む要因があります。

まず、海外からの長文の連続投稿のようなコメントがいくつも投稿されてしまうというリスクがあるということ。下手すると、ブログページがパンクしてしまうかもしれません。

また、ブログとはまったく関係のない、意見広告のようなものが載ってしまうということもあるでしょう。あるいは、告知とか。

こういったものがあると、小さいものでも凹みます。自分事だと、小さなことも大きく見えます。消すというだけでもナーバスになったりします。

そして、コメントがあると、ブログの記事に対しても簡単に文句が書けてしまいます。

読んだ人が、「私はそうは思わない、違う」と思ったとして、コメント欄がある。匿名で簡単に書けると、「違う」と書く。まぁ、凹みます。

とはいえ、ブログを読んだ方が何らかの依頼をしたいと思ってくれた時などに、連絡手段として問い合わせフォームは用意しています。

コメント欄を設けないことで、凹む要素は減らせます。

営業連絡のアプローチにも凹む、防御する

ホームページ上、ブログ上での仕事を依頼や問い合わせは、すべてGoogleのGoogle formを利用しています。

フォームに必要事項を記載してもらい、送信してもらうという方法です。

こうして、連絡手段を設定しておくと、営業連絡のアプローチというのは来ます。

売り込み、提案、相談のふりをしての実は営業、貢献したいと言いつつ実はただの営業など、いろいろなアプローチがあります。

もともと、電話番号をホームページ上に設置しないのは、営業連絡ばかりになってしまうからです。それらを、すべて断るというのは、自分も疲れ、相手にも意味がありません。だからこそ、電話番号は載せていません。

では、フォームではどうか?実は、フォームでも営業アプローチはあります。

私の場合、フォームであっても、営業アプローチがあると凹みます。

フォームに必要事項を記載し、送信すると、私に通知がきます。その段階では、誰が、どういう依頼をしてくれたかは、分かりません。

その後、内容を確認します。「仕事の問い合わせかな・・・」と見てみると・・・

「営業かいっ!」

ということは少なくありません。そして、凹みます。

まず、電話がない。そしてメールアドレスが直接載っていない。そして、フォームでやってもらう。この段階で営業のアプローチは相当絞れてきます。

最後の、フォーム。

ダメ押しで、

ただし、営業・有料での記事執筆・自費出版の類につきましては、固くお断りいたします。

とか、

営業・勧誘等のお問い合わせにつきましては、お断りしています。

とか添えています。

ただ、これでも来るものは来ます。

しかし、できる限りのことはやっておくということが、凹まないためには重要なことです。

ネットで凹まないために、やっておけることはやっておきましょう。凹むと面倒です。

また、よく聞くFacebookでの面識がない相手からのノーコメントでの申請も凹みますが、スルーしてしまいましょう。安易に承諾して、変な営業・勧誘がくることもあります。

凹まないことが、一番です。

編集後記

けさは、5時15分起床。朝から雨だと、妙に落ち着いた気分です。

昨日は、午前中から相談対応。事前確定届出給与についてなど。

午後はある方面の資料読み込み。

そういえば、昨日からさいたま国際マラソンのさいたま市民枠の申し込みが始まっています。

参加する方は忘れずに。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク