スポンサーリンク

自分の少し出来ることは、相手の「スゴイ」かもしれない。自分を見つめて探す、強み・ネタの知見。

Pocket

自分が出来ることは何か?それを知ることを求められる時代です。

自分の強み、ネタになる知見は、多くあればそれだけ武器になります。

しかしながら、強みやネタは、最強レベルにあるもので探そうとすると、何も見つからなかったりします。

強み、ネタは、自分が少し出来ることだったとしても、十分通用するものです。

IMG_1977

羽生SA(上り)にて

強み、ネタの知見は、少し出来ることでいい

自分の強みは、それを提供することで、誰かの助けになります。

また、ネタになる知見は、会話の際のネタになります。

強み、ネタになる知見は、あればあるだけ、武器になります。

普通の人が、普通に働いて生きるなかでは、何かを究極的に極めることは難しいものです。

極めることができたとしても、「いくつか」に限られます。

誰かに貢献できる自分の強み、話の話題の元となるネタは、自分で経験したこと、見聞きしたこと、学んだことが基礎となります。

自分が基礎ではありますが、強みやネタは、極めるレベル・最強レベルである必要はないと思っています。

いま、AIをはじめ、新しい時代になりつつあるなかで、「自分が出来ることはなにか?」「自分の個性とはなにか?」といったことを見つめる気風があり、自分を見つめるという機会も増えてきています。

強みやネタの知見は、ある程度できる、少しできる・知っている程度でも、十分な場合も大いにあります。

自分の少し出来ることは、相手の「スゴイ」かもしれない

1年ほど前、ブログを書き始めるにあたって、自分の強みは何だろうかと考え、思いつく限りに紙に書きだしてみたことがあります。

始めのいくつかは、それなりに大したことなのですが、そのうち、少しでも出来ることでも強みとしないと枠が埋まらなくなり、本当に少しでもできること・知っていることすら、強みとして書き出したのです。

しかしながら、いざ書き出してみると、小さなことでもそれなりに、強みであるように思えてきます。

100で最強レベルに高められたとすると、20や10、もしかしたら1くらいのモノも、あるかもしれません。

しかし、これからやろうとしている人、興味がある人からすれば、1や10でも、十分貢献できる可能性があります。

今日、そういった、少し出来ることは何だろうか?と、再び考えてみました。

・マラソン速くないけど、フルマラソン・ハーフ等、大会参加経験ある

・マラソン速くないけど、マラソンギア(GPSウォッチ、ウェア、シューズ、サプリなど)について話せる

・メンテはできないけど、クロスバイクで通勤・移動している

・博識はないけれど、本は週に2.3冊読む

・村上春樹作品を、割と読んでいる

・話術に長けるわけではないが、話すこと・聞くことが好きである

・1年少しではあるけれど、平日毎日ブログを書いている

・ブログ用で庶民レベルだが、結構写真を撮っている

など、ここで書けるレベルを列挙してみました。

いずれも、最強レベルではありません。

それなりに出来る人、最強レベルに出来る人からすれば、出来ないレベルに見えてしまうかもしれません。

ただ、これからやってみたいとか、気になるという人に対しては、始めるキッカケを与えるということくらいは、できるのではないでしょうか。

相手が望むなら、さらにもう少しだけ、貢献できることもあるかもしれませんしね。

自分で少しできるレベルと認識していても、相手から見れば、「スゴイ」可能性があります。

書いてひねり出すと、出てくる強み・ネタ

少し出来ることは、明らかにできる凄いことと比べて、なんとなく考えているだけでは出てきません。

普段、自分がなんとなくやっていること、ライフワークとしてやっていることでも、実はそこそこ結構なことだったりすることもあります。

それを自分で認識するためには、やはり書き出してみることは大事になってきます。

私が書いたように、初めはそこそこなレベルが出てきます。

たとえば、TOEICスコアとか、検定・資格、ある程度の技術やキャリア的なものから書き始め、もっと書こうとするなかで、少し出来ることがひねり出されてきます。

これを自分で認識することで、強みやネタの幅が広がり、守備範囲の拡大にもつながります。

自分の強み、自分が出来ることは、少し出来ることでも、出来ることです。

出来ることが少ないと思ったら、徹底的に書き出してみましょう。

編集後記

横浜マラソンの抽選結果、今日でますね。

無計画にエントリーしたので、ちょっと日程がキツイ気がしますが、こういう場合は意外と当選したりして・・・。

当選したのなら出ます。

ただ、倍率が高いので、そう甘くないはずですが・・・。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク