スポンサーリンク

クリーニングを3か月放置して気付いたこと・・・仕事も勉強も、すぐやる方式で心の負債を貯めない生き方。

Pocket

昨日、秋冬の洋服のクリーニングを取りに行ってきました。

実は、出してから3か月も経ってしまって、ようやく重い腰をあげて取りに行ってきたというわけです。結構ボリュームもありました。

取りに行くと決めるまで、いろいろと考えました。そろそろ行かないと・・・まだいいか・・・。そんなこんなで、いざ行こうとするまでにいろいろ考えたわけです。

今日は、そこで考えて気付いた事。仕事も勉強もなんでも、すぐやる方式でやろう!という話していきたいと思います。

IMG_0925

クリーニングを3か月放置してしまった・・・

5月にクリーニングに出した、去年の秋冬のアウターやらセーターやら、出してから3か月近く経って、ようやく取りに行ってきました。

取りに行くのを先延ばししたのは、他でもなく量が多いからという理由です。実際に取りに行くと、とてつもない量でした。両手でようやく持てたという感じです。

だいたい、出してから2週間もすれば、ややこしい衣類まで含めて出来上がるということだったので、その頃取りに行くつもりでしたが、まだいいか、まだいいか、という繰り返しで先延ばしになってました。

その先延ばしを繰り返して、3か月近く経っていたわけです。

しかし、7月に入ったくらいから、今日はいかないと・・・と頭をかすめることが多くなり、クリーニングに行かねばという思いに、若干支配?されつつありました。

そして、つい数日前に、そんなに先延ばししてると処分されるかもしれない、という話を聞き、それはまずいな!と思って、ようやく取りに行くことにしたわけです。

実際、店にもよるんでしょうが、その程度の預け期間ならまだまだ大丈夫という感じでもあったみたいです。まぁ、取りに行ってすっきりしました。

とはいえ、クリーニングを取りに行くという、つまんないことでも、先延ばすことで気になるし、あんまり精神的にも良くない感じもしましたね。何でもわからないものです。

よくよく考えてみると、こうやって先延ばして気にしてることって、これに限らず結構ありますよね。しかも、先延ばせば延ばすほど、億劫の度合いは上がります。

仕事も勉強も、すぐやる方式!

この先延ばしにして気になって、気になるけど行かなくて、行かないとどんどん行かなくなる・・・というのは結構暮らしのなかに潜んでいます。

典型的なものとしては、スポーツクラブが代表格でしょう。

はじめは意気込んで通うけれど、そのうち何となくかったるくなって行かなくて、行かないと余計にどんどん億劫になって、それでも料金は自動引き落としされるから行かないと・・・と思うけど行かない。こういう方は多いです。

こういう状況のときって、行かない・やらない、わけですが、いつもなんとなく心の片隅にあって、ジムの看板とか見ると思い出したりしています。そういう気に仕方はあんまり体によくなさそうですよね。

この考え方は、仕事も勉強でも同じようにとらえることが出来るかと思います。

仕事でこなさなければ案件や、細々としたタスクなど、面倒で実はやりたくない、かったることは、期限が間に合えば先延ばしにしがちです。

また、勉強も資格などで実は習得しておかなければならない知識も、複雑で論点をおさえるのが難しい部分であれば、やらなければならなくても先延ばしにしてしまうかもしれません。

こうやって先延ばすけどやらなければいけないことは、先延ばすほどにやるのが億劫になって、限界まで先延ばすこともあり得ます。それでも心の片隅にはあって、やらなければ・・・といつも思ってしまうわけですよね。

そうならないために、手元、余裕が許す状態になったら、先にそのタスクをこなしてしまうに限ります。そういう面倒なタスクがいくつかあれば、期限から逆算して先にこなして、少しでも消化してしまいましょう。

仕事であれば期限があるので、先延ばしにしてもどうせいつかはやるわけですが、やるまで気になっています。勉強もそうですね。

時間が経てば経つほど、心の片隅にいるヤツが主張してきて、心の負債が増加してきます。ストレスの原因になることもあるかもしれませんしね。

すぐやる方式で、心の負債は貯めないようにしましょう。

日常でも、すぐやる方式

ここまで、仕事や勉強について、すぐやる方式で心の負債を貯めない、ストレスにしない、という話をしてきましたが、すぐやる方式は普段の暮らしのなかでも大事です。

クリーニングも暮らしのなかですが、家の中の細々としたことも放置すると気になるものです。

取ってきた郵便を置いといて重ねてどんどん上積みされている。

雑誌や本が上積みされて放置されている。

掃除や片づけ、しないといけないが放置している

など

むしろ暮らしの中の方がやらないことで気になる事は多いかもしれません。

暮らしも仕事も、どこもかしかも先延ばし案件ばかりでは、正直しんどいですよね。

仕事も勉強も、クリーニングも、ごみ処理も、すぐやる方式を意識してみましょう。

いろいろあるなら、まずは一つからやると良いかもしれません・・・!

編集後記

先日、ここの編集後記で梅雨が明けた・・・と載せましたが、それは九州地方だったみたいですね。間違っていました。

しかも、まだ東京は梅雨明けしてないですしね。

とはいえ、いよいよ数日で梅雨明けの様子。どんだけ暑くなるのか?


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク