スポンサーリンク

さわやか・余裕のある・穏やかで健康的な、人となりでありたい。スタバのコーヒー豆と村上春樹さんのエッセイに浸って思う。

Pocket

昨日、スターバックスコーヒーへ行ってきました。

その際に、何の気になしに、スタバの「コーヒー豆ガイド」という冊子を手に取り、読んでみました。

コーヒーを飲みつつ、これを読んで、いろいろなことに思いを巡らせていました。

DSC_0327

スタバのコーヒー豆ガイド

スタバでは、店内での飲食以外に、コーヒー豆を買って帰ることもできます。

コーヒー豆ガイドには、それ用に取り扱っている主な豆についての説明文が載っています。

開くと、BLONDE ROAST(軽め)、MEDIUM ROAST(まろやか)、DARK ROAST(深みのある)という三区分に分かれていて、それぞれに属する豆が、商品名と共に説明されています。

DSC_0335

ガイドを手に取り、目についたのは、BLONDE ROASTの2つと、MEDIUM ROASTにある1つでした。

BLONDE ROASTからは、

・WILLOW BLEND

・LIGHTNOTE BLEND

MEDIUM ROASTからは、

・BREAKFAST BLEND

全部で3つです。

このとき、何やら頭が疲れていたようで、「軽い感じのコーヒーが良いなあ」と思いながら、読んでいました。そこで気になったのが、この3つでした。

この3つ、それぞれに説明がされているのですが、その説明文を見て、気に入ってしまいました。

ナイスセンス。なんかいい。と、思ったのです。

コーヒー豆の説明文に浸る

1つ目として、WILLOW BLEND。

ここには、

「鮮やかで、複雑、深みのある風味とさわやかな後味です」とありました。

この、「鮮やか」「深み」「さわやか」気に入りました。

2つ目に、LIGHTNOTE BLEND。

ここには、

「ソフトなココアと、軽く煎ったナッツの繊細なニュアンスが穏やかに感じられます」と、ありました。

ここでは、「ソフトな」「繊細」「穏やか」気に入りました。

そして、3つ目。BREAKFAST BLEND。

ここには、

「やや浅めに焙煎された、さわやかな後味のいきいきとしたコーヒーです」と。

「さわやか」「いきいき」気に入りました。

この3つとも、いずれも文面からニュアンスとコンセプトがイメージでき、すうっと入ってきました。

さわやかな、余裕のある、穏やかで健康的な感じ。

「自分もこうありたいなぁ」という気になってしまいました(笑)

「こういった、人となりになりたい」と。

そう思うあまり、帰りにひとつ、買ってしまいました。

「鮮やか」「深み」「さわやか」な、WILLOW BLEND。

けさ飲んで、今日は説明文にある言葉をイメージして過ごしています・・・。

さわやか・余裕のある・穏やかで健康的

スタバのコーヒー豆ガイドを読み物として読んでしまい、自分もそうなりたいと思いつつ、最終的には豆を買ってしまいました・・・。

これも、戦略にはまったのかもしれません(笑)

ガイドを読んでいたとき、「さわやか・余裕のある・穏やかで健康的」なイメージが浮かび、これと同時に、あるものが思い浮かんできました。

村上春樹さんが、以前にエッセイで書かれていた、「男の子の定義」です。

「やがて哀しき外国語」という本に、「運動靴をはいて床屋に行こう」というお話があります。

そこで、村上さんは、「男の子」という言葉に心引かれるということについて、書かれています。

この、「男の子」に心引かれるというのは、まったく変な意味ではなく、自身がそうありたいという意味でのこと。

村上さんは、「男の子」の定義として、

(1)運動靴を履いて

(2)月に一度(美容院ではなく)床屋に行って

(3)いちいち言い訳をしない

この3つを挙げられています。

実は、このお話のなかで、村上さんは(2)の床屋について多く言及されていて、外国の床屋事情について、書かれています。

そのため、(1)と(3)は、そこまでは言及されてはいないのですが、なんとなく、分かる気がします。

あくまで私見ですが、冒頭から書かせていただいた、スタバのコーヒー豆に感じるところにある、「さわやか・(余裕のある)・穏やかで健康的な」感じなのではないかと。

( )でくくった余裕さは、私なりに、多分違うかなと思い、カッコとしました。

簡潔・明瞭な、サッパリした感じとも言えます。

スタバのコーヒー豆ガイドを読み、「いいなぁ」と思いつつ、これと同時に、昔読んだ村上さんのエッセイを思い出して、読み返してみる。

なんともいい日だったような気がします・・・。

編集後記

このエッセイ(と言ってよいのかな?)、何度も読み返しています。

実は村上春樹さんの本はほとんど読んでいて、いずれも何度も読み返しています。

ただ、ここ数年、若干遠ざかっていました。

これを期に、また読もうかと。

新著「騎士団長殺し」も、出たばかりですしね。

スタバのコーヒー淹れて、読みたいと思います。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク