スポンサーリンク

運動はした方が良いけれど、できないときもある。運動できないときは、(2つ+1つ)の動きで、状態をキープする。

Pocket

運動はした方が良いと思っています。

健康目的・気持ちの切り替え・勢いをつける、など多くの目的があります。

しなしながら、運動をしようにも、うまくできない時期があったりするものです。

それでも、運動はしておきたい。

そのために、日常に運動までいかないまでの、「動き」を取り入れるようにしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運動はした方が良いが、できないときもある。

運動をする。

ジムで汗を流すことや、今の時期でいえば外を走るランニングなど、良いかもしれません。

とは言いつつ、運動ができない時期がたまにあります。

仕事が立て込んでしまってうまく時間が作れないことや、天気が悪かったり、あるいは病み上がりで運動を再開できずにいたり・・・。さまざまです。

それでも、コンディションのためには運動をした方が良いとは分かっています。

運動したいけど、できていない時期に、運動までもいかないまでの、動き、小さな運動を、生活のなかに取り組むようにしているのです。

2つ + 1つ の動き

私が日常の生活に取り入れている動き。

これは、ほんの些細なことではあるのですが、案外バカに出来ないと思っています。

具体的には大きく3つ(2つ + 1)、やっています。

運動的な動き2つと、体に影響することとして1つ。

これで、2つの効果が期待出来ます。

運動的な動き 2つ

運動的な動きとしては、2つあります。

・歩くこと

・階段を使うこと

です。

まずは、歩くこと

歩くことは、極力歩くように努めるということです。

普通に歩ける最寄の駅まで歩くのは当たり前として、少し距離が伸びても歩くようにします。

たとえば、バスで10分で着くという距離であれば、歩くと25分ほどかかる場合もあるでしょう。

時間に余裕があれば、あえてこの距離を歩いてみます。駅間も、1駅を歩くなどすることで、歩きを稼ぎます。

また、革靴であれ、スニーカーであれ、たまに小走りで歩いてみる。歩きと走りの間くらいですね、これで、心肺に少しきます。運動が効いてきます。(ヒールは厳しいですが・・・)

そして、あまり人通りがなければ、大またで歩くこともあります。これも効果がありそうです。

続いて、階段を使うこと

階段を使うのは、エレベーターやエスカレーターを避け、あえて階段で行くことで、足腰を鍛えます。ラッシュ時などを除いて、できるときはやります。

これも、やり方がいくつかあります。

まずは、普通に1段ずつ昇る。

そして、手荷物がなければ、小走りで昇る。

さらに、余裕があれば1段抜かしで昇る。

これらを、なんとなく組み合わせて、飽きないようにしてやっています。

体に影響すること 1つ

運動的な動きに加え、1つ、体に影響することをやっています。

それは、間食を極力せず、コーヒーなどを甘くしないこと。

なるべく、体を重くしないことです。

私の場合、放っておくとすぐに体が重くなります。

これをなるべくしないことで、気持ちと体がスッキリした状態でいられます。

2つの効果

ここまで、日常的な動き2つと、体に影響すること1つ、見てきました。

これら3つで、2つの効果が期待できると思っています。

2つの効果とは、

・日常的に体の状態をキープできる(or、肉体の良好さの逓減をゆるやかにできる)

・しっかりとした運動を再開する際に、スムーズに入れる。

前者は、しっかり運動をしているときの状態を、運動ができていないときに、少しでもキープするため。普段ハードにやっていれば、キープは期待出来ませんが、エンジョイ程度であれば、そこそこ期待できるところです。

後者は、時間が使えるようになったり、体調が戻ったタイミングで運動を再開するときに、億劫にならずに運動に入っていけるという効果です。

この2つの効果は、日常的に運動をするためにも、有効です。

2つ + 1つ の習慣で、2つの効果、そして運動習慣をキープできるように、気をつけています。

これは、全体として、効果があるのではないかと思っています。

2つ + 1つ を始めたキッカケ

そもそも、この2つ + 1つ を始めたのには、キッカケがありました。

一昨年の秋、ランニングをしっかり極めようと思い、夏から結構走りこんでいました。

10~15キロを、週に2・3回走るなどし、夏は熱中症になったり・・・。

それを秋にも続け、12月のフルマラソンに向けて頑張っていました。

この走ることに加えて、普段から姿勢よく歩くようにしたり、腰周りを鍛えるために、階段1段抜かしを積極的にやっていたことから、今に至って習慣になっています。

この当時は、効果も出てきて、フルマラソン前の30キロ練習会で3時間も切れて、順調でした。

ところが、まぁ少しやりすぎたようで、フルマラソン前に風邪をひき、結局良い状態がリセットされていましたが・・・。しかし、これも経験です。

また、あの感じで練習して、一度振り切ってみたいとも思っています。

とりあえず、ここまで寒くて走れなかったロードランを、暖かくなってきた今から再開するので、良い状態に向けて、0から1に、まずは上げます。

これも、2つ + 1つ があるからこそ、スムーズに入れるものだと思っています!

編集後記

ということで、今日は4キロラン。

本来はもう一周走る気でいましたが、気が緩みました。

気持ちを持ち上げるために、Youtubeでトレラン動画見たいと思います・・・!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク