スポンサーリンク

良質なアイデアが欲しいなら考えるのではなく、メモする。良いアイデアはメモをすることで得られる。

Pocket

良いアイデアを出すコツは、メモにあると考えています。だからこそ、日々メモが欠かせません。

何気ないときに思いつくアイデアの欠片、ヒント。そうしたものが良いアイデアへと繋がります。

何気ないアイデアが良いアイデア

何気ないアイデアが、良いアイデアだと考えています。

「アイデアが出ない、出ない、うーん」と、無理やりひねり出そうとするのではなく、アイデアについて考えていない、ひとときに良いものを思いついたり、単純作業をしているときに思いついたりすることは多いです。

日々、アイデアについて考えています。

仕事の進め方はどうやるか、明日のブログは何を書こうか、いつ・どういったセミナーを主催しようか・・・など、いろいろなことを考えています。

そのため、メモが欠かせません。

メモをしているからこそ、メモの大事さを知ることができています。

単純に、メモをしないと忘れてしまう、大事なアイデア

いつ・どこでメモをしたいと思ってもできるように、いつでもメモをできるようにしています。

ぱっと思いついたときは、スマホのEvernoteアプリを起動させてメモをしています。

少しボリュームが多いメモ。いくつも思いついたり、量産されたようなときは、ノートにメモをします。

使用しているのは、デルフォニックスの、ロルバーンというシリーズです。前面フリーになっているリングノート型のメモ帳です。これを愛用しています。

デジタル・アナログ、両面からメモを支えています。

こうしてメモを欠かさない理由は、単純に忘れてしまうからです。

メモをしているからこそ余計に分かるのですが、思いついたことも、その多くはメモをしないと忘れてしまうことばかりです。記憶に自身がある方は大丈夫なのでしょうが、私はそういきません。

普段は、別の作業をしている最中であれば中断し、移動しているときであれば立ち止まってメモをしますが、車の運転をしているときはメモが出来ません。

こうして、どうしてもメモが出来ないときに、「覚えておけば良いか・・・」と思っていると、だいたい即座に忘れていたりします。記憶は当てにできないものです。

「忘れてしまうくらいだから、大したことではない」という考え方もありますが、何がどう作用して、良いアイデアに繋がるか分からないので、そういったことまで含めて大事にしていきたいと考えています。

結構、忘れた後に思い出し、「あっ、それが欲しかったんだ」といったことはあります。

あるアイデアが2つがあり、両者の橋渡し的なものが欲しい時に、それだけでは取るに足らない別の小さなアイデアが役に立つこともあるわけです。どんなヒントもバカに出来ません。

むしろ、忘れてしまったヒントこそ大事だといえるかもしれません。

メモをする、いつでもできるようにしておくことで、良いアイデアを得ることを助けています。

始めてみなければ分からない、メモの効果

今でこそ、「メモは習慣」「メモは欠かせないっすよ」と言っていますが、以前はまったくメモはしておらず、スケジュール以外はほとんどメモは取っていませんでした。

メモは、アイデアのみならず仕事の進捗にも効果があるので、今ではアイデアのみならず、仕事、暮らしのなかでも活用しています。

メモを取っていなかったときは、「メモなんかしなくても覚えている」と自負していました。

しかし、現在メモを取れずに忘れてしまったことがあるのを思い返すと、恐らく多くのアイデアは忘れ去られていたんだと思います。

始めてみなければ分からないことでした。

アイデアの源泉、ヒント、単純な忘れ止めのために、メモはどうでしょうか。

形式などなく、ただただ書くだけも意味があります。(私のメモはそうです)

編集後記

前々日に久々、夜型をやってしまい、前日も夜型でした。

昨日はホームページの変更を少し。凝りだすと長くなります・・・。

週末で軌道修正します。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク