スポンサーリンク

思考と気持ちの整理のために、身近なひとつに集中する作法。

Pocket

日々、仕事や暮らしのなかで、多くの情報に触れる機会が増え、処理しなければいけないことも多くなってきています。

本来であるならば、頭を整理し、気持ちを整えて物事に取り組みたいところですが、そう簡単にはいかないのが本当のところかもしれません。

正直、次々に対処することは出てきます。どう整理し、どう整えれば良いのか、取っ掛かりが見えにくいのも、それに起因することです。

そんな状況にありながら、案外と身近なところに、それを緩和する良い方法があることに気付きました。

身近な、ひとつのことに集中するということです。

IMG_1749

ひとつに集中し、気持ちの整理をする

先月、久しぶりに靴を新調しました。

これまで、革靴にはあまり関心がなく、とりあえず買って、とりあえず履いているという感じでした。

そんななか、先月新調した靴は、これまでと比べると、やや高めでした。

そのため、お店でケアの仕方を聞くとともに、ケア用品も買って、長く大事に使おうという気が芽生えました。

慣らし履きを終え、普段づかいになった最近、夜に靴のケアをしています。

ブラシでほこりをとって、汚れを落とし、ケアクリームを塗ります。

両足やると、だいたい10分かからない程度の時間です。

調度よい時間、手間もほどほどに、集中して終えると、気持ちが整理された感覚になっていました。

靴をきれいにしたということと、そこに向けてひとつ、集中して取り組むことで、いろいろな雑多な思考から解放されて、気持ちがシャンとしたのです。

特に、今週のはじめ、ブログネタが錯綜して、思考が絡んでしまっていたのですが、靴磨きを終えると、思考の整理もされたのか、考えもうまく、まとまっていました。

靴みがきという習慣は最近身に付けたことですが、ひとつに集中するという行為は、けっこう身近にあることです。

思考と気持ちの整理のための身近な集中。少し探ってみましょう。

身近にある、ひとつの集中

ここで集中というのは、ぱっと手を付けて、割とサクッと終わることの方が良いかと思います。

仕事や長い時間かかる複雑なことだと、それをやるために思考しなければいけませんし、嫌な気持ちが出てしまえば意味がないからです。

手を付けて、終えるまで、集中して取り組んでいたらすぐ終わるというものが良いでしょう。

まずは、靴みがき。私は一足か二足までなら大丈夫そうです。

そして、私がたまにやるのは、自宅のトイレ掃除です。

週に一回か二回、気が付いたときにやるようにしています。

トイレ掃除は、だいたい一式、10分程度の時間で終わるので、調度良いです。

思い返してみると、トイレ掃除については、考えや仕事のことで煮詰まっているときに、意識的にやっているような気がしますね。意識的に集中して、思考の整理をしていたのかもしれません。

そして、今朝ひとつ気付きました。

私はたまに朝、コーヒーをドリップしますが、ドリップしているときに、お湯を入れて、カップで湯が引いたらまた入れて・・・と繰り返す作業のなかで、ひとつ集中していることが多い気がしました。

一瞬、そのことだけを考えていることで、集中し、思考と気持ちの整理に繋がります。

雑多な日々のなかで、身近なひとつをいくつか見つけてやることで、効果が期待できるかもしれません。

大きな思考の整理・気持ちの整理には、ランニングが良い

ここまで、思考と気持ちの整理のために出来る、身近なところでの、ひとつ集中して取り組むということについて、見てきました。

これらは、取り組む時間が短いために、大きな思考の整理や気持ちの整えには、不足するところがあるかもしれません。

仕事の企画、段取りで考えなくてはいけないことがあるときや、結構煮詰まってしまっているようなときです。

もちろん、プライベートの問題もあるでしょう。

そんなときは、なんだかんだ言って、ランニングが効くと思っています。

ランニングに限定はしませんが、スポーツ全般、体を動かして、そこそこ汗をかいて、体を消耗させるということで、その間頭はクールダウンして、勝手に思考していてくれることも多いです。

大きな思考の整理・気持ちの整理には、ランニングなどを取り入れて、いわゆる有酸素運動をすると良いかもしれません。

そして、日常的には身近なひとつに集中する。

この組み合わせを日常的にすることで、村上春樹さんの小説にある、「ねじを巻く」という感じに近い作用が働いて、日々はうまく回っていくのではないかと思うのです。

編集後記

ちなみに、家事も好きなら、ひとつ集中しても良いかもしれません。

皿洗い、風呂そうじ、洗濯・・・。私はそんなに好きじゃないです(笑)


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク