スポンサーリンク

24時間に一度は必ずブログを書く。それにしては、1日24時間はあまりにも短いが、そんな毎日は楽しい。


毎日ブログを書いていると、24時間に一度は必ずブログを書いている計算になります。

こうして24時間に一度のブログを毎日書いていると、1日の24時間は短く、日々が濃密に感じられます。

しかし、そんな毎日はそれなりに楽しいです。

24時間に1度は必ずブログを書く。

ブログを毎日書いているので、24時間に一回必ずアップすることになります。

それは、24時間に一度はブログを書くことになります。

たとえば、昨日のブログは朝の7時頃にアップしました。計算上、次のブログは24時間前後にはアップされます。それが、毎日書くということになります。

このままいくと、今日のブログは6時すぎにアップされる見込みです。

ブログを書く時間は、1時間から長くて3時間程度になることもあります。

考えて、

書いて、

アップする。

それを毎日繰り返す。

そんな毎日は、あっという間に過ぎていく感覚があります。

これは、充実しているからに他なりません。

充実している時間は短く感じる

ブログを毎日書いているとは言っても、ブログだけが仕事ではなく、ブログだけをやっているわけではありません。

税理士の仕事を、日中はそれなりにやっています。

そうした仕事のなかには、楽しい仕事や魅力的な仕事もあれば、単純作業を繰り返す仕事や面倒な仕事もあるものです。

ただ、面倒なものも含めて、同じ一日にする仕事として捉えるようになっています。

これは、24時間に一回必ずブログを書いていることで、1日24時間があまりにも短いと感じさせてくれるからといえます。

正直いって、毎日ブログを書く日々は、充実感があります。日々、楽しいです。

そんな短すぎる24時間のなかでする仕事は、好きな部分が大きく写るようで、面倒なことはこなしつつも、いつの間にか終えているということが多いです。

面倒なことはないわけではないのですが、それにアレコレとうるさく言って手を止めていると、時間がもったいないからです。

そう、24時間はあまりにも短いと感じているからこそ、そう思えるわけです。

24時間は、あまりにも短い。まとめ

退屈な時間、待機している時間、帰りたいと思う時間。そんな時間は、やたらと長く感じます。無駄に思うのであれば、なおさらです。

その反面、ブログを書くことで24時間は、あまりにも短いと思わせてくれます。

それが充実感に繋がっているのでしょう。それが、日々と仕事を面白くしてくれています。

そんな気がしています。

そして・・・24時間が短いと感じるからこそ、今やるべきこと、したいこと、先延ばししないで何だってやってやろうと思えます。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク