スポンサーリンク

いまの時代はフェイドアウトが主流なのだろうか?いや、仕事なら伝えるべき大事なことは伝えてほしいぜ。


それなりにしっかりしている、いい歳の大人であれば、ちゃんと伝えるべきことを伝えてくれるものだと思うものです。

しかしながら、そうでないことが、意外と多いです。

「まぁ、言わなくても分かるだろう」というような、勝手な解釈で終わらせて、そのことを伝えて来ない。

それを、私はフェイドアウト的、と呼ぶことにしました。

そう思った、ある日の話。

防災点検で待っていたのに、フェイドアウト。いつまでも待ってしまうじゃないか

昨日は、事務所として借りているマンションの防災点検の日でした。

事前に紙が貼られていて、管理会社からも電話が来ており、室内に入るから在宅されるようにというお達しが来ていました。

「防災点検大事だもんな」

「不在だと、二度手間だからね」

そんなことを思い、指定時間の9時から9時30分の間は待機することにしていました。

実際は、もしかしたら、時間より早く来るといけないからと、8時半すぎから待機して、点検の来るのを待っていました。

9時になりました。

101号室である私は、9時に来るんだろうなと思っていました。

しかし、来ず・・・。

「お、上の階からやるのか・・・、もう少しだな」

9時20分を過ぎ・・・。なにやら廊下で談笑する声が・・・。

「おお。いよいよ、来ますねぇ」

その後、9時30分になっても来ません。相変わらず、談笑は聞こえます。

もしかしたら来るのを忘れているかもしれないと思い、聞いてみることに・・・。

30代から40代と見える4名の方々に聞いてみました。

「あれ、ここ(101号室)、まだですか?」

その答えが、なんと・・・。

「室内には、入らなくても良いことになりました」

「室内には、入らなくても良いことになりました」という答えが・・・。

別の部屋に点検に入って、それぞれの部屋に入らなくも、機能を確認できることが分かったというのです。

今回、このタイミングで声をかけなければ、点検には来なかったというわけです。

「おいおい、頼むぜ。ずっと待っちゃうよ!」

「来ないなら、来ないって言おーぜ!」

正直、そういうのダメでしょ。という気持ちです。

もう、呆れたというか、残念というか、怒る気にもならず。

おそらく、点検員の数名は、

「時間が過ぎて来なければ、終わったと思うでしょ」くらいの感じだったのかもしれません。

ただ、そういうことは、こっちで分かるはずもなく、勝手にフェイドアウトされたって、気づきません。

ちゃんと伝えるべき、大事なことは、勝手に解釈しないで伝えてほしいぜ!と思ったエピソードでした。

最近、フェイドアウト的な人が少なくない

そういえば、最近そうやってフェイドアウト的な人が少なくない気がしました。

「まぁ、言わなくても分かるよね」という感じで、ちゃんと連絡をしてこないで、消息を絶つという意味でのフェイドアウトです。

思い返してみれば、ここ2年くらいで2件ほど、仕事でフェイドアウトがありました。

一件は、相談を受けて、依頼するということで進んだ後、連絡がとれず。何も仕事はせず。

もう一件は、依頼を受けて仕事をして、返答が返ってきたり来なかったりして最終的に、連絡がとれず。

それぞれ、仕事のやりとりは終わりました。

これも、「まぁ、消息を絶てば分かるだろう」くらいの感じなのかもしれませんが、それをどのタイミングで判断するかは、難しいことです。

フェイドアウトではなく、伝えるべきことは伝えてほしいところです。

仕事であるならば、特に。

これを受けて、自分はフェイドアウトはしまいと決めました。

まぁ、たまにはそういうこともあるか。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク