スポンサーリンク

寝る前に読む活字は、心穏やかにしてくれる。ゆるやかに眠れるように気を付けていること。


今日は、眠りについて、ちょっと小話。

睡眠時間は6時間以上はとるようにしていて、眠りには気を付けている方です。

眠りがいまいちだと、明らかに疲れがでます。そういうタイプなのでしょう。

日々ゆるやかに眠れるように、気を付けていることがあります。

寝る前には、活字を読む。

寝る前には、よく活字を読んでいます。

たとえば、寝ようとしている時間の30分前から、読んでいる本を開き、読み始めます。

それまでに、パソコンのでの作業は終え、スマホを見るのも終えておきます。翌日の予定のチェック・メモは、寝る直前にしないようにしています。

ほとんどのことを終え、寝れる状態になってから、読書を始め、活字を追います。

本は、電子書籍ではなく、紙の書籍です。

紙の本のページをめくり、活字を追います。読み進めます。

これは、私にとって心穏やかにしてくれる、数少ない営みです。

一日、朝から晩まで、いろいろ見て、聞いて、考えて、動いて。体、そして頭は多少なりとも疲れています。

もちろん、本を読むのは、その本が読みたい本だからですが、副産物的に活字を追うことが心穏やかにしてくれるわけです。

いくらか読み進めて、ページを閉じて、寝ます。よく眠れる気がします。

ゆるやかに眠れるのがベストだ

夜、なかなか眠れない夜もあります。

何かを考えているか、緊張しているか、直前まで作業をしていたか。なんらかの理由で、眠れないときはあります。

そうしたとき、気付けば寝ていますが、翌日起きると少し疲れています。

やはり、ゆるやかに眠れた日の翌日は調子が良いです。

食べることも大事ですが、睡眠も大事です。特に、フリーランス・ひとり社長ともなれば、自分が主力です。コンディションの状態は、様々な形で仕事に出ます。

私の場合、ゆるやかにすっと眠れることで、翌日は調子が良いです。

活字を追う以外にも、いくつか気を付けています。

寝る前は画面を見ない

さきほど、少し触れていますが、やはり寝る直前に画面は見ないことにしています。

スマホ

パソコン

テレビ

聞くと、その光は目から入って脳が活発になってしまうとのことです。寝ようとする妨げになります。

出来れば、2時間前から見ないのが良いそうですが、なかなか難しい。

気を付けて、30分程度前から、見ないようにしています。

思いついたメモは、紙へ書く

寝る直前に画面を見まいとしていても、活字を読み、何かを思いつけば、メモをとりたくなります。

ここで、日中なら、Evernoteへメモします。

ただ、寝る直前は例外で、ふせんに書いてパソコンや冷蔵庫にでも貼っておきます。

翌日に、確認して転記するか、すぐに何かに使えれば使います。

こうして、画面を見ることを回避します。

もちろん、カフェインも避ける

以前はあまり感じませんでしたが、現在33歳。最近、寝る2時間ほど前にコーヒーを飲んでいると、目が覚めてしまって、疲れていても眠れないです。

20代の頃は、1時間前に飲んでも、あまり感じませんでした。

30代を進んでいく過程で、多少なりともナイーブな部分が出てきたのかもしれません。

カフェインをとらないことも、ゆるやかな眠りのためになります。

今日は、次の日のコンディションを左右する、ゆるやかな眠りについて書いてみました。

自分なりに、しっくり来るものを持っていると良いかもしれません。

もし、いろいろで出来なくても、出来ることをやるだけでも効果は違ってきます。

編集後記(きのうの野田)

きのうは用事を済ませつつ、長女の依頼があったので、少し電車に乗ることに。

最寄駅から大宮駅まで行き、そして戻るというだけのルート。何やら、電車に乗りたいようです。

特に問題もなく帰れるかと思いきや・・・

最寄り駅で改札から出ようとすると、「ピポーン」

Suicaで入った改札で、再度出ることはできません。やっちまいました。

大宮からバスに乗る案を考えていたのですが、結局乗らなかったので・・・。

窓口で正直に話して、往復料金払って出してもらいました。(^^♪


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク