スポンサーリンク

今宵は靴みがきナイト。思ったのは、悪意のあること、いじわるなことはしないということ。


毎週の土曜か日曜。

週末には、仕事のときに履いている革靴を磨くのが、日課になっています。

靴を磨いているとき、いろいろ考えます。

というわけで、今宵は靴磨きナイト。これから、思いついた週末は靴磨きコラムを書き綴ることにします。

今夜は、その一回目でナイト!

子どもの遊びながら書いた絵・・・

今宵は靴磨きナイト

毎週末、たいていは一日の用事や予定が終わった夕方から夕飯前の時間に、靴を磨いています。

まずは、チリやホコリをブラシではらう。

次に、汚れ落としを使って汚れを落とします。

最後に、仕上げで革靴の状態を保つべく、クリームを塗る。

この、三拍子です。

ゆっくり、自分のペースでやるので、所要時間は約10分ほど。じっくりとやります。

この間、靴を磨きながら、何となくいろいろなことを考えています。

あぁ、あれはこうするべきだったかな。

とか

あれは何だったんだろう。

とか。

そんなことを考えている靴磨きナイト。

普段、ブログは朝の時間に書くことが多いですが、このブログに限っては前日の夜。すなわち靴を磨いた日の夜に書いています。

今週は、あることについて考えていました。

それは、悪意やいじわるについて。

悪意のあること、いじわるはやめよう

生きているといろいろなことがあり、世間や身の回りでもいろいろなことが起きます。

起きる出来事のなかでも、やはりとても気分が悪いのが、悪いこと。

悪意のあること、いじわるなことは、良くないことです。

まぁ、当たり前なのですが、これはいけないことだと思っていないと、自分で考えもせずにやってしまいそうな気がします。

反射的に、とっさに、なんとなく意地悪をしてしまう可能性が。

ただ、そういうことはしないと、普段から何となくでも考えていると、それだけでも効果はあるように思えます。

たとえば、駅のある風景で。

悪意のあること、いじわるなこと

駅。よく利用しています。

駅を利用すると、実にさまざまな人で溢れているので、いろいろなことが起きます。

そのなかでも、普通に利用して移動しているだけでも、悪意のあることや意地悪に遭遇することはあります。

過去にあったこと、ありそうなこと、考えてみました。

まずは、駅のホームにて。自分が電車を待っていると、同じように待っていた人が、到着した電車のドアの前に立っています。

その電車からは、人が数人降りるようです。

この場合、これから乗る人は、降りる人のために横にそれます。

ただし、今回のケースでは隣で待っていた人はそのままドアの前にいます。少し邪魔なんじゃないかなと思えます。

電車のドアが開き、降りる人はドアの前にいた人にぶつかるように、降りて行きました。待っていた人は横にそれた方が良かったわけですが、少しムッとする様子。

これを見て思ったのは、自分が正しいと思ったときも、それを通すために悪意があることはしない方がいいな、ということ。

もちろん、先に降りる人が正しいことは正しい。ただ、いる人にぶつかっていっていいかは、また別の話として判断する。

自分なら、「悪いね、通るよ!」くらいな感じで行ってみる。

そうしたいかな。と思いました。

また、車の運転をしていると、悪意のあるクラクションや、いじわるな接近をされてしまうことがあります。

最近言われる、「あおり」に近いようなこと。

これは、やる側もやられる側も、気分が良いものではありません。特に、事故が起きればただでは済みません。

悪意やいじわるは、大事に至らなかったとしても、後味は悪いです。

悪意やいじわるなことの後味は悪い

人がの悪意やいじわるを見て、あるいは自分がされてみて思うことがあります。

それは、

する側

される側

見ている側

いずれも気分が良いことはなく、後味が悪いということ。

本当に言うべきことを言うのは大事で、為すべきことなのかもしれませんが、悪意やいじわるはダメですよ。

社会人であっても、学生でも、子どもだとしても。

普段から、「そうしない」、と思うこと、意識することが大事だなと思いましたね。

靴をきれいに磨きながら。

あ、靴磨き、終わりました。このへんで。

それでは、また来週か、あるいは再来週に。

編集後記(きのうの野田)

悪いほうのポジションについた経験はなくて、どちらかというと逆のポジションが多いですね・・・。気を抜いているのか・・・。

とくに大きなダメージを負ったわけではないけれど、そういうのは気分が良いことではないです。

まぁ、いいことをして悪いことをしない。少しそう思っておこうかなと。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク