スポンサーリンク

自分で野菜を作ると大きくありがたみを感じる。労働と価値、売られている野菜は安い。


たいてい、週末は畑に行っています。

小さい区画ながら、自分で野菜を作っていると、ありがたみを感じることが多いです。

野菜を作るのは大変。その苦労を考えると売られている野菜は安く感じます。

そう多くはない、感謝できる機会を与えてくれます。

ナバナ。いま、収穫期

相当がんばって、なんとか出来る野菜たち

私が週末メインで通っている畑は、区画を借りることができ、道具などもそろっている、シェア型の畑です。

たたみ4畳分程度の広さの区画で、季節に応じて野菜を作っています。

出来る量は少ないですし、詳しい人からすれば、とても簡単にできるのかもしれません。

ただ、私は完全なる素人なので、やることなすことのほとんどが初体験です。知識も作業もなんとか学び、やっている程度です。

習いながらやっているとはいえ、うまくいくこといかないこと、半々程度です。

たとえば、

・昨年の夏にトライしたきゅうりは、ほぼ全滅で何もできず

・冬にやったミニハクサイは、虫が無数に寄生してしまい、食べられた箇所はごくわずか

・いまやっている葉ネギは、ほとんど育たず・・・

うまくいくものもありますが、本当に少しの量しかやっていないにも関わらず、結構難しいです。

全力でやって、週末とプラスアルファで平日も行って、お世話をして、ようやく出来る野菜たちです。

畑の趣旨が無農薬でやるというものなので、それなりに大変ではあるのでしょうが、野菜を作るのはこんなにも大変なのかと、思うばかりです。

一個の野菜にもありがたみ。売られている野菜は安い。

虫で相当やられたミニハクサイは、一方がほとんどやられましたが、もう一つはなんとか耐えて、それなりに大きいサイズで収穫できました。

それを獲ったときの達成感は、忘れられません。

手間と時間をかけたので、売るなら数千円だなと思えるほどです。

とはいえ、実際にスーパーで売られるとしたら、無農薬でも数百円程度です。そんな高い値段では誰も買ってくれないはずです。

それを考えると、

「売っている野菜、安くないか?」

としか、思えてきます。

よく、野菜が高騰しているとか言って、ホウレンソウ100円が300円程度になることがあります。

自分で野菜を作ってみると、それなりに働いて、働いて考慮して、ようやく野菜が出来ることが分かるので、300円でも安い気がします。

野菜って、そんなに安いもんじゃないんじゃないの?

もっと、払っても良いんじゃないの?

なんて、ありがたみを感じられます。

ありがたみを感じると、優しくなれる

自分で野菜を作ってみて、大きくありがたみを感じているところです。

そんなに量は獲れないのですが、獲れたときは、もう喜んでいます。ホウレンソウなんて、獲って洗って、そのまま食べたり。それがおいしいんですね。

普段スーパーで野菜を買うときも、野菜売り場を楽しみながら歩いています。

「この値段で買えるのか?すごいな」と。

まぁ、大量生産ともなれば、全然勝手も違うとは思います。農薬も使うでしょう。

それにしても、ありがたさは感じます。

なかなか、日々生きていてありがたみを感じることは、少ない気がします。

そんななか、大きくありがたみを感じられる野菜作り。

そんなことを思いながら、毎週末作業しています。

少し、優しくなれたような気がしますね。

編集後記(きのうの野田)

きのうは小一時間だけ畑へ。

夕方長女の習い事を送って行って、習っている1時間で畑へ。

50分ほど作業。

ようやく伸びてきていた葉ネギを抜いて(切ってももう伸びないので)、ナバナを収穫。

空いている区画に次の準備を。雑草抜いて、腐葉土を入れて・・・。

そこで、タイムアウト!

急いで戻って、ピックアップ。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク