スポンサーリンク

アイデアを活かす。頭に浮かんだこと、・考えたことは、ひとまず記しておく。頭で記憶しておけるが、そのままにしておくと難しく見えてくるから。


ふとした瞬間に、良いアイデア・やり方が頭に浮かんでくることがあります。

そうした、「あ、これいいな」と思えるアイデアが浮かんだときは、ひとまず記しておくことにしています。

記憶しておける程度のものだったとしても。

そうすることで、頭のなかで難しく考えることをしないで済むからです。

アイデアを活かせます。

レシートにすら書き記す

思いついたことは、すぐに書く・記す

ふだん過ごしているなかで、ふとアイデアが浮かぶことがあります。

あることに対して、「何か良い案はないだろうか」と考えていたことが、なんの前触れもなく、突然浮かんでくることが。

つい先日も、そんなことがありました。

ある会合に参加していた際の、合間の時間に、新しいブログのアイデアが浮かんできました。

出来る限り早めに、それを記しておきたいところです。

ただ、メモ帳はカバンにあり出せず。スマホでメモをするのも気まずい感じです。

ポケットを探ると、ありました。レシートが。

思いついたこととそれに関連することをいくつか。書ける限りをレシートの裏に書いてメモしておくことで落ち着きました。

ひと安心です。

こうまでして書いていることに対して、

「あとで帰ってから、ゆっくり書けるときに書けばいいんじゃなの?」

と思われるかもしれません。

まぁ、覚えてはいられます。一応。それなりに記憶力はあるので。

ただ、頭に残しておくと、考えが巡ってしまいます。

ものごとを難しく考えないために、文字に起こして書くことが大事だと思っています。

頭で考えると難しくなってくる。文字に起こせば、たやすい

あるアイデアが浮かんだときに、すぐに書き記すのは、それを頭で難しく考えないようにするためです。

良い解決策が思いついたとき。

思いついたその瞬間は良いのですが、頭に入れておくとずっとそれを考えてしまいます。

覚えておかないといけないと思うと同時に、勝手にケースバイケースで考えだします。

「基本的には良い案だけど、この場合は問題になるかも」

「そのアイデアには、別の項目も付け足さないと、ダメだ」と。

いつだかは、

・経費の領収書が必要な場合

という基本的なブログネタが浮かんだと同時に、

・消費税の課税仕入の要件も付け足しが必要

というふたつのアイデアが同時に浮かびました。

その瞬間に、いろいろと考えてしまい、少しまとまりがなくなったことがありました。

これはまずいな。というわけで、すぐにメモをしました。

書いて文字に起こしてみると、そこまで難しく見えません。大したことはなかったのです。目で見て分かるようになると、人は安心するのかもしれません。

これで、アイデアを活かせる機会は倍増します。

アイデアは書き記す。まとめ

アイデアは書き記す。という話でした。

思いついたことをメモするというのは、すでに常套手段です。

メモをすることで記録するということのみならず、メモで人生が変わるとか、考えや思考がまとまるとか、メモを推奨する書籍や記事は多いです。

私の場合は、忘れ止め+難しく考えないようにするため。

そのために、書き記しています。

頭で考えているだけ、覚えているだけだと、考え続けてしまいます。それで本当はナイスなアイデアなのに、頭で難しく考えてしまって却下してしまうこともあります。

全然アイデアが出せない、良い案なんて浮かなばいと思うとき、頭で考えているだけのときがあります。

とにかく、文字に起こしてみる意味はあります。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク