スポンサーリンク

常にその1秒を生きる生き方で、常に1秒チャレンジし続ける生き方。

Pocket

一昨日から星野源WEEKになってます。

車移動中もニューシングル「恋」をかけていたのですが、5曲しか入ってないので、相当な程度でエンドレスで聞いてしまって、発売日にしてすでに違うアルバムを聞いています・・・。

とはいえ、聞いているのは少し前に出たアルバム「YELLOW DANCER」

このなかで好きな曲があります。

「Crazy Crazy」という曲です。

爽快なピアノから入って、ドラム、バンド。

img_1302

まぁとりあえずこのままでいいか・・・という日常

ビジネス書を読んだり、活気溢れるアグレッシブな方が書いているブログを見たりすると、その直後は熱気冷めぬ感じで、「俺も何か成し遂げよう!」という気になることはあります。

しかし、その後風呂に入ってブレークしたり、その日は特になにかプランを練るでもなく寝てしまったりすると、その熱は冷めて、何事もなかったかのごとく何もしないということは多いです。

そして日常に戻っていく。

そこで、また冒頭のアルバムの話に戻るのですが、「Crazy Crazy」という曲、出だしの歌詞がGOODです。

お早う始めよう

一秒前は死んだ

無常の世界で

やりたいことは何だ

常にこのエネルギーでいけたら何だってできそうです。

やるかやらないか、続けるか続けないかは自分次第です。

1秒前は死んだ

生きていれば、常に1秒1秒を生きていて、今この1秒は次の1秒のときにはすでに死んでいるということ。

スマホでつい見てしまったどうでも良いニュース。

なんとなく見てしまったテレビ。

これらは1秒どころではなく、数秒かあるいは数分やってしまっているかもしれません。

この数秒あるいは数分は死んでしまったのかもしれません。

また、さらにそれどころではないのが、二度寝です。

朝4時に目覚ましをセットして、走ろうというつもりで仕込んでおいたが、朝目覚ましを即座に止めて、そのまま2時間ワープ・・・。これはかなりの回数やってます。

2時間後に起きた時には、「走れば1時間10キロは走って、帰ってシャワー浴びて今頃コーヒー飲んで本読んでるよ!」と後悔するばかり。

1秒どころか数分どころか、2時間死んでしまった!と。

この1秒が・・・と思うと結構1秒ずっしり来る気がしませんかね。

早起きのランニングも仕事のワンタイムサボリッチも・・・

案外意識していないと漫然と過ごしてしまうものですが、1秒1秒に価値があると思えば、その1秒1秒は深く思いです。

冒頭ではなにかを成し遂げる!という大きなことも掲げていますが、自分がチャレンジしている小さなチャレンジのための鍛錬やトレーニングも、大小の差はありながらもチャレンジはチャレンジです。大小あっても、繰り返しであったりしんどかったりすれば手を付けたくなくて、ついついスマホニュースに逃げたりしてしまうものです。

そういうとき、1秒が死ぬ感覚を思い出し、やり抜く。挑戦する。

また、小さいながら仕事中の、ちょっとしたサボリッチな時間もこれに該当するでしょう。

1秒1秒が生きているという感覚で生きる、これは案外強いかもしれません。

念のため、リンク載せときます!

編集後記

ここ数日、朝起きると、まだ前日に考えていたことの処理が追い付いていなのか?頭が重かったのですが、今朝は割とクリアでした。

そのかわりにのどが若干いがつく気が・・・いや、気のせいだ。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク