スポンサーリンク

ブログを書くとやり切れる!充実感は、「やり切った」と思えるアクションを、毎日に追加することで得られる。

Pocket

朝、早く起きてブログをひとつ書き終えると、やり切ったと思えます。

日々感じていたい充実感は、やり切ったと思えるアクションが毎日にあることで得られます。

早起きしてブログを書く充実感

基本、ブログは朝の時間に書いています。

だいたい4時半から5時すぎに起き、朝の支度を始めるまでに記事を上げます。

早起き + ブログ = 充実感

早起きして、ブログを書き上げることで感じられる充実感は、半端なく大きいです。

ブログを書き上げた今。これからようやく一日がスタートします。

実際、朝一で1時間から2時間集中してブログを書くと、それだけで一日の仕事は終わったかのような達成感が得られます。

この、大きな達成感が得られるというアクションが毎日にあるということ、これだけで相当なアドバンテージであるように感じています。

充実感を感じられれば、生きている感は大きい

日々の暮らしの中には、簡単に充実感は転がっていないものです。

充実感は、自分から得に行こうと思わなければ、得られません。

充実感とは、スタートを切り、途中紆余曲折しながらも、到達地であるゴールを迎えることで感じられるもの。

なんとなく毎日を過ごしていると、充実感を感じることは難しいように感じます。イメージとしては、「仕事で成果を出して達成感と充実感!」がありますが、いつもいつも仕事で達成感を得られるというのも、実際はないように感じます。

充実感は、仕事に求めるのではなく、自分に求めることが大事な気がします。

私であれば、早起きしてブログを書く。書き上げた達成感と、これを書いてもまだこれから一日がスタートするという解放感で、充実した感を大きく感じています。

また、これも朝ネタですが、早朝ランニングがあります。あれも、一日の始めに走ることで心身ともに鍛えるというワークをすることで、達成感と充実感が得られます。

あるいは、資格試験に向けての勉強を自分に課し、「毎日10ページ!」と決めてこなし続けるというのも、タフではありますが、達成感と充実感はあります。

達成感と充実感は、必ずしも朝でなければならないわけではありませんが、まだこれから一日がスタートする手前で、達成感を得ることで感じる充実感は、やはり違うもの。私見ですが、夜より朝が吉かなと。でも、昼でも夜でも、アクション起こせるならOKです。

普通に生きていても、生きていることは素晴らしいのですが、達成感からの充実感を感じること。より良く生きるために便利なツールでもあります。

充実感で自尊心は保てる

達成感を得ることで充実感を得る。

途中、充実感は仕事で得るのでなく、自分に求めると書きました。

というのも、達成感も充実感も、本当に大事なことは、ある到達地を迎えることで、自分がどう感じたかというところにあります。

仕事は他人の評価が入ります。自分で納得しても、他人が認めなければ意味がなくなります。

自分で確立して求めることで、大きな充実感につながると思います。

充実感を得られれば、自尊心も保てます。自尊心を得るためにも、達成と充実は欠かせないものです。

自尊心も、自分がどう感じるかです。他人は関係ありません。

どうしても仕事が毎日の中心になりがちです。自宅→仕事→自宅→仕事・・・が続いていて、もやっとすることも多いかもしれません。

こうした毎日に、ひとつ「やり切った」と感じられるアクションを加えてみることで得られる充実感があります。

いくつも手を出したくなりますが、まずは一つ。

朝から達成感、そして充実感です。

編集後記

昨日は、あるコンサルティングを受けに都内に。

3時間がっつり受けて、いろいろ、まとまりました。

帰宅後、一気にメモを整理するのに2時間ほどかかり、久々に寝るのが0時を回ってしまいました。

受けたこと、見たこと聞いたことで大事なことは、やはりその日のうちですね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク