スポンサーリンク

ゴルフ・ランニング・セミナー・・・大人になってから始める新しい挑戦は、かかるコスト・マネーに対して自腹を切ることで効果大!

Pocket

大人になってからも、学びにライフワークにと、忙しい日々です。

新たに始めることもあるかと思いますが、新しいことは継続・集中してぜひモノにしたいところです。今日は、新しい挑戦、モノにするためのヒント、考えてみます。

IMG_0710

大人になってからの新たな挑戦

ゴルフ、ランニング、セミナー参加、などなど。

大人になってから新しい挑戦にチャレンジすることもあるかと思います。

しかし、年を重ねるにつれて、その頻度はだんだん少なくなってくるかもしれません。

以前に、記事にもあげました。大人になってからのチャレンジは、その気概だけでも貴重といえます。

大人になってからの挑戦、そして成長・・・

始めるにあたっては少しでも考えてみてから始めるはずで、考えた末に始めたのですから、継続・集中してなるべくモノにして、自分の成長に寄与したいところです。

私もゴルフやランニングをはじめ、大人になってから、いくつか始めたこともありますし、周りで新しいことに挑戦し始めるのをいくつか見てきました。

続く場合もあれば、続かない場合もありますが、その成否にひとつの要因がある気がします。それは、それを始める、申し込むにあたって、自分で自腹を切ってスタートしたかという点です。

新しい挑戦へのコストマネーは自分で払うことが重要!    -ゴルフの例

新しいことを挑戦するには、だいたいの物事については、お金がかかります。

ランニングならウェアーにランニングシューズ、帽子やサングラスなど。

ゴルフならクラブ一式にゴルフシューズやグローブ、ウェアー、コース利用料、交通費、そして打ちっぱなし練習場の料金など、結構な金額がかかります。

自分で興味があることが出てきて、いざそれを始めようと思い周りに相談すると、それに詳しく、いくらか情報を持っている人に出くわすことがあります。いろいろ教えてもらえるのは嬉しいところですが、若干やっかいなことも・・・。

例えば、ゴルフを始めたいと思って、詳しい人に相談した場合にあるのが、古いクラブをくれるというパターン。結構やっている人だと、何セットも持っています。

古いクラブ、やるよ、やろうか?と言われるとなかなか断りづらいもの。そして、もらってしまえば、そのクラブの調子を聞かれ続けるので、否が応にもそれを使い続けないと気まずい感じがして、自分で新しいセットを買うのをはばかれるというパターン。実はこれは結構あるでしょう。

このパターンの問題点は、そのクラブをくれたおじさんと、自分のスペックが大きく異なるという点。自分は初心者でおじさんはまずまずの経験者。そして背格好も大きく異なります。これから始めようとするには自分に合っていない場合が多いです。

そして、重要なもう一点として、これから始めようとするときに、古いクラブ、よく分からないクラブでは、モチベーションが上がらないという点です。これが、今回の記事で最も伝えたいことです。

ただでさえ、初めはなかなかうまくいかなくて、練習も若干だるいかな、なんて日もあるなかで、出来ればモチベーションを高めるために、自分で悩んで選んで買ったクラブセットを相棒に練習に出かけたいところです。気持ちが違ってきます。

継続してモノにするためには、自腹を切ることで、集中・取り組みにも影響してきますので、意識すべきです。もし、くれるという状況に遭遇したら、やんわり断りましょう。

-セミナー参加の例

また、運動のみならず、自分が気になっていたセミナーに参加しようかどうか迷うこともあるかと思います。

セミナーや学びの場合、学習の補助や福利厚生などで、ケースによっては会社が全部、あるいは一部負担してくれるケースもあるかと思いますが、こちらも、出来れば自腹を切って参加することに意義があるように思います。

仕事に直結する実用的なセミナーであるなら、会社負担でも構わない面がありますが、その講師の話をすごく聞きたいという場合や、もっと自分の根幹に関わるような内容のセミナーである場合、直球勝負で参加するために、極力自腹でいきたいところです。集中度合いが違ってきます。

セミナー参加にあたっては、気を緩めると少しだるくなってきて、まぁ会社の金だからいいか・・・といつのまにか寝落ちして、気付いて起きたら終了していることもあるかもしれません。

本気で聞きたいと思っていた講師・内容の話でも、自腹かそうでないかによって、直球でいけるかどうかが変わってくるのもリアルな話です。自分なんてだいたいそんなもんだと思って、身銭を切って参加することをオススメします。

中断・挫折は時間の浪費・・・

ここまで、大人になってから始める新しい挑戦について、ゴルフ・セミナーを例に見てきました。

なるべく、自分で自腹を切って、道具や参加費を払い、高いモチベーションで直球勝負で臨みたいところです。そして、それをなるべく維持して、継続して、自分のモノにしたいところです。発展途上のなかでも成長はしていますが、ある程度モノにすることで、大きく成長できます。

大人になって、なかなか時間がない中で、一念発起して始めたことなのに、途中で中断・挫折をするのはもったいないことです。

考え方によってはお金より大切な時間。

中断・挫折は時間の浪費にもなってしまいます。

なるべく身銭を切って、直球勝負で臨んで、モノにして成長しましょう。

編集後記

ブックオフオンラインに買取に出していた本の査定がでて、入金されていました。

査定結果は、まぁ良いと言えば良いし、悪いといえば悪いかなという感じ。

余裕があったら記事にします・・・!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク