スポンサーリンク

ネットで買えば軽い!店で買うなら重い!出費を本気で抑えたいなら、店で買うのがベター。

Pocket

おととい火曜日、CDを買うために、ディスクユニオンに行ってきました。

目当てのCDを探して、手に取りました。しかし、次の瞬間・・・

「いや、いらんかな・・・」と、思い直し、買うのをやめて店を出ました。

久々にこの感覚を味わい、やはり買い物はリアルな店舗ですべきと実感。

仕事の経費・生活費いずれにせよ、出費を抑えたいのであれば、店舗で買うのがベターだと思うのです。

DSC_0460

店で買うなら、いらないものは買わない

買い物はいま、お店で買うか、ネットで買うか、二極化しています。

お店で買うのであれば、店舗まで出かけて行き、そこで商品を探して選んで、買わなければいけません。

ネットであれば、PC・スマホで、動かずして、サイトで商品を探して、ポチっとすれば、自宅に届きます。そして、モノによってはネットの方が安いことも多い。

おとといは、CDを買うために、ディスクユニオンの店舗まで行ってきました。

実際、買うつもりで行ったわけだったのですが、探して、手に取り、裏面を見ていると、急に冷静になって、買うのをやめました。

2000円ちょっとの金額でしたが、これが財布から出ていくと考えたら、冷静になり、いらないような気がしてしまいました。

お店で買う場合、買い物をしなければいけないので、買おうと思って行っても、私のように思い直すことは案外多いです。

冷静な判断が下せます。店で買えば、いらないものは買わないで済むということです。

ネットで買えば、判断する時間はない

お店で買えば、いらないものは買わないで済む。

お店で買う場合、店に行って、商品を探して、見つけて手に取り考え、買うと決めてレジまで持って行き、店員に渡して、金額を提示され、財布からお金を出して払う(あるいはカードを出して払う)、という一連の、買い物をしなければなりません。

その商品を買うために、結構時間がかかり、それを買ってお金が出るという感覚をダイレクトに味わいます。私が感じたのは、その感覚でした。

その結果、そんなに欲しくないと判断して、やめました。

だから、お店で買う場合は、いらないものを買うことは少ないです。

一方、私含め多くの方が、ネットで買い物をしています。

ネットで買うなら、サイトで商品を見つけて、即座にポチです。金額の関係で、どのサイトで買うかという判断はあるにせよ、基本はカード決済であり、買い物をした実感も、お金が出ていく感覚もなく、気付いたら自宅に届いていて置いてあるという状況・・・。

ネットで買うとき、買うと決めてから確定までのスパンが短いため、思い直すことができない。

実際、本当はそこまで欲しくないものも、実際は買っていることが多いのでしょう。

CDを店舗で買うことが久しぶりだったので、店舗で買う重さ、ネットで買う軽さを実感してしまいました。

ネットは安い場合もあるわけですが、そもそもいらないものはいらないです。

いらないものを買うなら、安いより高い。

仕事の経費でも、生活費にしても、出費を抑えるために、あえて店舗で買うようにするということが、手元のお金を残すためのテクニックとして使えます。

どう払うか?という判断

出費を本気で抑えるなら、店舗で買い物をして買うのベターと、書いてきました。

これに付け加えておきたいのが、どう払うか?です。

これは私が気を付けてやっていることなのですが、支払いをするときに、出来るだけ支払手段を現金に寄せます。

要するに、できるだけ現金で払うということです。

ただ、現金では払えない場合もあるので、実際は以下のようになります。

現金

コンビニ払い

振込で払う

カード払い

というように、なるべく上の方のやり方で払うようにしています。

店舗で現金なら問題はないのですが、セミナー申し込みや音源教材などは、ネットでしか買えない場合はほとんどで、現金では払えません。

現金で払えない場合は、できればコンビニ払い。できなければ振込。どうしてもというときだけ、カードにしています。

払っているという感覚が強いほど、買い物をした感があって、モノには思い入れが出るし、特にセミナーや音源教材などの高いものを買う時は、その学びの効果が大きく感じられるようにするためにも、現金に寄せて払っているというわけです。

やはり、自分で自腹を切って払えば、相応に大事にするし、集中します。

この、どう払うか?ということと、店舗で買うのかネットで買うのかという判断を組み合わせると、本当に欲しいもの、必要なものしか買わなくなります。

仕事の経費・生活費、いずれにしても、いらないものを買ってもお金は出ます。

そして、いらないものを買わなければ、お金は残ります。

収入を増やさなくても、払いを減らせば、手元のお金は増える。

これは会社の損益にしても、生活の収支にしても同じこと。

本気で出費を抑えるなら、安くする、レベルを落とすのではなく、店舗で現金で買うなど、買い方を工夫してできることがあるはずです。

編集後記

FP試験まで、あと10日。

なんとか目途はついてきました。

余裕?で、突破したいと思います・・・!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク