スポンサーリンク

「2秒で終わらす」、友人の口ぐせから気付いた。「今の自分は過去の集積で生きている」という学び。

Pocket

「今の自分は、これまで生きてきた、過去の集積で出来ている」

そう思わせる出来事として、先日、仕事で話をしているときに私の口から出た一言がありました。

その一言は、学生時代の友人がよく言っていた口ぐせで、すでに会わなくなってから10年ほど経つのに、今さら口にしていたのです。

この出来事で、いま何をすべきかということを考えさせられました。

IMG_1135

「2秒で終わる」という、私の集積からきた言葉

先日、個人の確定申告の仕事で、会社に伺っていました。

その際、お互いにスケジュールが合わなく、なんとかその時間に予定を組み、20分ほど話すことになっていました。

そこで、私が話したのがこのセリフでした。

「忙しいですよね。でも、2秒で終わりますから!」と、冗談を交えつつ、すぐに済ませますからという意味でお伝えしたのです。

このときは、仕事の話もあったので、すぐには気付きませんでしたが、この「2秒で終わらす」というフレーズ、これが、学生時代の友人がよく言っていた言葉でした。

たとえば、学食でみんなで集まっていて、その友人だけが遅れてくる。

みんなはほとんど食べ終わっていて、タバコを吸う友人に合わせて外に出ようかというところ。

そこで、遅れてきた友人が、「2秒で食べ終わるから待ってろよ」と言うのです。

他にも、「2秒で行くから」、「2秒で支度するわ」など、2秒シリーズがあるわけです。

とはいえ、実際に、2秒では完了しませんが。(笑)

卒業して10年ほどたつこのタイミングで、私が口にしていた。

そのとき、自分は過去の経験・体験からくる集積で出来ているんだなと、妙に納得してしまったというわけなんです。

意思決定は自分の集積から来ている

今の自分は過去の集積から出来て、生きている。

これは多くの方面で、すでに言われていることです。

ただ、自分の、ほんの些細な出来事でそのことを感じたことによって、考えさせられました。

今の自分は、これまで経験・体験してきた、これまでの人生で学んだこと、得てきたことで出来ている。

この背景をもとに、今、自分がどう行動していくかという意思決定を行っている。

今ベストな意思決定をするためには、過去の集積がベストでなくてはいけないということになります。

そして、未来の意思決定をベストな判断にするためには、未来の時点での集積、つまり今何をしているかということが大事になってくるということなんですよね。

たとえば、成功したい、有名になりたいとか、大きなことを成したいという場合は、適当にやっててなんとなく、そうなるわけではなくて、未来のために今何をしたか、良い集積を作るということが大事になってきます。

当たり前といえば当たり前ですが。

私としては未来、良い仕事をしたい、好きな仕事をしたいという思いはあるわけです。

そのためには、今積み重ねる集積を大事にしていかなければいけませんね。

ちょっとしたことからでしたが、意識するキッカケになりました。

潜在意識にある集積から呼び寄せた「2秒」

友人の口ぐせである、「2秒シリーズ」から、大事なことを意識するキッカケが得られました。

実は、その友人とは、近く行われる、別の友人の結婚式で会うことになっています。

その連絡をするにあたり、少し前に電話で話していました。

おそらく、10年ぶりに電話で話したことで、過去の集積が反応したのかもしれません。

以前、ある講演で、稲盛和夫さんが「顕在意識と潜在意識」についてお話されていました。

いま覚えていて、しっかり意識している顕在意識。

一度は読んだり、聞いたりしたことではあるが、覚えていないこと。それでも意識のどこかにあるという潜在意識。

この2つの意識があるそうです。

このなかでも潜在意識は、実際に意識はしてないが、頭のどこかにはあるというもの。

この潜在意識は、潜在下で意思決定や機会に影響しているというお話をされていました。

私の潜在意識にあった、友人の「2秒」が、電話で話したことで顕在意識に上がってきたのでしょう。

潜在意識も、集積のひとつと言えるのかもしれません。

今がどう先々に影響してくるのかと思うと、今どう動くかは大事です。

未来のために、今、良い集積、重ねなければいけませんね・・・!

編集後記

急に思い立って、FP受験をやることにしました。

この話をすると、「今さら?」「税理士資格でとれるで」という声が・・・。

とりあえず、5月受験狙います!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク