スポンサーリンク

ものごとは、やはり考え方次第。そう思えばそうだし、そう思わなければそうでもない。

Pocket

ものごとは考え方次第だとは思っていて、悪い方に考えるよりも良い方に考えた方が良いと思っています。

悪く考えようと思えばそう思えるし、そう考えなければそうでもない。

たまに出している、古本の下取り。これ一つとっても、良く考えられるかで気持ちはずっと違ってくるものです。

これから旅に出るのだ

古本を下取りに出すのは、いつもくやしい

年に数回、読んだ本をまとめて古本として下取りに出しています。

下取りに出すとはいえ、あくまで古本。基本的に金額は足元を見られています。

分かりやすく言えば、とにかく安い金額でしか売れません。

1500円前後で買ったビジネス書も、出版されてすぐで人気があるもので500円ほど。そうでなければ50円とか、あるいは10円であることはザラです。最低で、5円とか1円があります。

本を売るというのは、そういうものです。

私が利用しているのは、ネットで申し込むと集荷に来てくれて、査定が終わると金額が1円でもついたものは売れたことになり、即日に入金。金額がつかなかったものは処分されるというシステムです。(査定金額をこちらで確認してから、売りたいものは売って、低すぎて売りたくないものは売らないということも出来ます。私はやっていません)

そんなことで、いつも本棚から読み終えた本・読まない本をピックアップするときに、考えます。

「これも相当安いんだろうなぁ」

「1円で買い取って100円で売るつもりかー」

たとえば、以前に「もしドラ」を売ったときは、1円でした。販売価格を見たら、108円。

まぁ、そういうもんですよね。集荷の配送費とか振込手数料はあちら持ちなわけで。(これを含めて査定金額を算定はしているんでしょうけれど)

箱に本を詰めつつ、そんなことを考えていたりします。

昨日もそうでした。ただ、本を手放す目的は何だろうと考えたとき、まぁこれでもいいのかなと思ったわけです。良い考えが、頭に浮かんできました。

次に誰かに読んでもらえれば、いいかな

下取りに出した本は私の手から離れたあと、古本業者の本棚に入り、誰かがそれを買えば、そこから出ていきます。そして、誰かの手に渡ります。

昨日、本を手放すときに思ったのは、次に誰かが読んでくれれば良いかなということでした。

本を売ろうとするから、1円だとか、5円だとかの査定が気になりますが、あげたと思えばいいんじゃないかと。

実際、1500円で買った本が500円で売れる時期であっても、それを読みたいと思っている人がいるんなら、売らずにあげることもアリだと思っています。そういうこともありますしね。

「えっ、あの本読みたいの?今日読み終わったよ。読んでいいよ」という具合に。

要は、本を捨ててしまえば処分されて終わるだけのものだから、どうせなら次の誰かに読んでもらうのが本望です。

古本のシステム的には、1円で買って108円では売られてしまうわけだけど、そこを気にしても仕方ないから、次の誰かに渡してくれるというルートとして利用しようと考えようじゃないかと。

まさに、ものは考えよう。こう考えたことで、気持ちよく手放すことが出来ました。

ものごとは、考え方次第

今回思ったのは、古本を下取りに出す際の考え方でした。

小さいことといえば小さいことですが、自分事は下らないことでも大きく思えてしまいます。

だからこそ、ものごとは考え方次第なわけですが。

生きている以上はいろいろあるし、紆余曲折・喜怒哀楽・春夏秋冬・・・とあるわけで、ストレートにことが進むこともあれば全然進まないこともあります。もちろん、面倒なことも嫌なこともあるわけで。

でも、考え方次第でどうにかなるものも多いです。案外と、意味もなく悪く考えてしまうことも少なくないです。

悪く考えていたら、グイッと自分の都合に良い方に考えることも大事だ。

古本を売るだけのことから、そんなことまで思ってしまった話でした。

編集後記

けさは、5時起床。めずらしく、目覚ましなしで起きれました。1分後になりましたが。

起きると、雨。少し寒くて、薄いジャケットを出してきて、羽織りつつブログを書いていました。

昨日は、やはり雨だったので、必要な買い物をしたり、髪を切りに行ったりとゆったり。

先週は多少くたびれた気がしましたが、回復したみたいです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク