スポンサーリンク

何かをつかんだら、何かを手放す。何かを始めたら、何かをやめる。人生のバランスはそれくらいがちょうどいい。

Pocket

大人になれば、学校で勉強するのとは違って、自分が気になることを勉強したり、自分がやりたいことが出来るようになります。

これは、大人になってからの特権だと思っています。

しかしながら、仕事・家族など、置かれている状況はあり、何でもできるわけではありません。できることは、限られています。

何かをつかんだら何かを手放す、何かを始めたら何かをやめる。

これくらいがちょうどいいです。

仕事と家族とやりたいことと、それぞれ

やりたいこと、やってみたいことは、いつだってあります。

誰しも、少なからずやりたいことはいくつか持っているでしょう。

それは、仕事なら独立かもしれないし、転職かもしれない。あるいは、まず退職してみるというのもあるでしょう。

また、新しいことを勉強したい、本を読みたい、資格をとりたい、学校に入り直したい。そういった自己投資的なことかもしれません。

マラソンを始めたい、趣味をやりたいというのもあるはずです。

こうした、やりたいこと・やってみたいことは、常にあることと対比にあります。

その時の仕事・家族の状況や、自分のコンディションなどです。

人生というか、生きていくなかではバランスが大事で、多くの場合はどれか一つに比重をかけるというわけにはいかず、良いところでバランスをとることで、うまくやれます。

そのバランスはそれぞれで、仕事も家族もやりたいことも、全部タフに突っ込んでも大丈夫な人もあれば、仕事だけでもOKという人、家族重視な人と、それぞれのバランスです。

私が思うには、バランスの要は、無理をしないというところにあるのかなと考えています。

そのバランスをとるために、何かをつかんだら何かを手放す・何かを始めたら何かをやめるというように、やってきました。

何かをつかんだら何かを手放す・何かを始めたら何かをやめる

自分なりにですが、それなりに色々やってきました。

そのどれも、バランスをとるためにやってきたことと言えます。

ただ、いつのときにも何かをつかんだら何かを手放す・何かを始めたら何かをやめるというようにやってきています。これでバランスが良いのです。

まずは、税理士試験の勉強。これは始めてから取るまで、やりました。途中、ダメだと思うときもありましたが、無事にいき、今があります。

このときは結婚もしていないですし、仕事もセーブしている状況でした。自分がやりたいことは何でも(金銭的なことはあるにしても)できるステージです。

ただ、仕事がそれなりに忙しいことや、家族を持つようになれば、また話は変わってきます。

税理士試験を終えて、仕事をしつつ、結婚をしたとき。そのときも、まだ手は空いていました。それで、ジムに通い始めました。

その後に状況は変わり、長女が生まれました。

このタイミングでは、実は社労士試験の勉強をやっていました。結果は惜しくも不合格。資格試験は何にせよ、勉強時間を捻出するのがタフなもの。時間が足りません。

ここで、こども・家族との時間を確保するために試験勉強はやめることにしました。また、このタイミングでジムも一旦休会しました。

そのあと、子どもが成長してきて、再度ジム通いを始めました。

ただ、その直後に始めたのが、このブログです。平日毎日更新です。ブログを朝書くようになり、朝通っていたジムとブログのバランスがとりにくくなり、ジムは一年ほどでやめました。

ブログは、今日で600記事目です。なんとか、途切れずに続けてきました。

この間、その他読書や勉強や運動と、小さくやりたいことを始め、小さくやめたりということを繰り返していました。

どれも、何かをつかんだら何かを手放す、何かを始めたら何かをやめるというようにやっています。

あくまで、ポジティブ・前向きに見てです。やりたいこと、優先したいことを優先した結果のバランスです。

そんなところで、今です。次は、どうするのか?

仕事・家族・やりたいこと、それぞれのバランスは、これからも取り続けていきます。

不器用だからこそ、意識してのバランスが大事だと思っている

バランスが大事だ、というお話でした。

しかしながら、このバランスは人それぞれだと思っています。

仕事をしながら家族との時間を取りつつ、自己の勉強に打ち込む、スポーツをする。多くを同時に、うまくやりぬけるという方も、もちろんいます。

そうした方が100なら、私は50くらいかもしれません。まぁ、バランスとりが下手くそな方です。

それくらいこなせるだろう、と思われるようなレベルでも、バランスを取ろうとする不器用さです。

バランスの判断基準は、単純に自分がしんどいか、何かに無理が生じていないかというところでしょうか。

今は、仕事はある程度しつつ、家族の時間はとり、たまにランニングをする。ざっくり言うとそんな感じのバランスをとっています。

しんどいと感じたり、どれかがうまくいかないのは、バランスが悪いのかもしれません。

限界はあります。何かをつかんだら、何かを手放す。何かを始めたら、何かをやめる。その時々で優先したいことは続け、そうでないことは手放す、やめる、ですね。

編集後記

けさは、5時すぎに起床。

昨日はシステムの復旧に追われ、なんとか復旧できました。

やはり、失敗からしか学べないことはあると、実感です。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク