スポンサーリンク

会計freeeで、レシート撮影取り込みから経理処理をするとき、事業主借で仕訳を切る方法。


会計freeeのスマホアプリを使うと、支払経費のレシートをスマホで撮影し、そのデータを読み込み、freeeで経理処理まで行えます。

個人事業やフリーランスの場合、経費の支払いの処理は「事業主借」ですることが多いです。

スマホレシート取り込みから事業主借で処理する方法をみていきましょう。

レシート撮影取り込みの基本的な流れ

会計freeeのスマホアプリを使って経費のレシートを撮影して読み取り、それを会計freeeに連動させることで、簡単に経費処理まで持っていけます。これで済んだものは、仕訳を入力する必要はなくなります。

読み取りたいレシートを用意し、スマホアプリのトップから、レシート撮影を選択して、撮影画面を起動します。

レシートを読み取ります。

読み取れたら、右上の1枚を登録を選択します。

取引登録を選択しましょう。選択後、レシートの分析をします。

解析が終わると、読み取りが出来ました。

金額と日付、勘定科目は自動で解析されました。

このレシートはリパーク駐車場のものなので、これで大丈夫です。

取引先名だけ入れれば、完了です。登録を選べば、仕訳が会計freeeの方へ流れます。

ただし、このまま登録をすると、

旅費交通費 400円 / 現金 400円

という、現金払いの処理となります。

もし、この支払いをフリーランスや個人事業主が立替払いとしたい場合、事業主借という科目を使うことになります。

その場合は、設定を一部変える必要があります。

事業主借での支払いを選択することも出来る

現金払いではなく、事業主の立替払いとして処理することも、レシート読み込みと登録から出来ます。

↑この、口座に現金とあるところを選択することができます。

選択しましょう。

現在、現金払いが設定されています。これを、プライベート資金を選択して変更しましょう。

プライベート資金を選択することで、事業主借で処理したことになります。

これで、登録を選択すれば、オーケーです。

無事に登録されました。

旅費交通費 400円 / 事業主借 400円

として、処理が出来ました。

会計freee確定申告でレシート撮影取り込み。まとめ

というわけで、会計freee確定申告でレシートを撮影して取り込み、そこから仕訳処理まで進めることが出来ることについて、書いてきました。

今回は、現金払いだけではなく、事業主のプライベート資金で立て替えた場合の処理について、細かく見てきました。

先日、スポット相談で来られた方がレシート取り込みで日々の経費処理をしていて、実際は事業主借で処理したいと思っていたところ、変え方が分からずに現金払いをしたことになっていました。

せっかく効率的に出来ることを当初誤ってしまうと、毎回修正処理をしないといけなくなります。それでは、もったいないことです。

レシート取り込みからの処理でも、事業主借で処理したい場合は、ここまでのように対応していきましょう。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク