スポンサーリンク

経費にならない支払いは、経費にしない。経費でいけそうだと思っても、ズルはしない。

Pocket

確定申告は、日々の経理をまとめたものを、基本に税額計算をして行います。

2018年のものであれば、2019年の2月である今頃、振り返って見直しをして、そろそろ申告完了という方がいることでしょう。

その過程で、経費かどうか、そうでないかが曖昧な領収書が見つかる場合もあります。

そんなとき、もしそれが経費にならない支払いなら、経費でいけそうだと思っても、入れるのはやめましょう。

経費にならないものは、経費にはしない

2018年の確定申告。私の分は、2月の頭に終わらせ、先日、源泉所得税の還付を税務署から受けて、ひとまず完了しました。

経理は、日々やるようにしていて、2018年の分は年末にほとんど終わっていて、個人のカードで払っているものや12月末に現金で払った少しのレシートの処理をするまででした。

仕事用にしているクレジットカード、預金からの支払いや引き落としは、考えるまでもなく、すべて経費になるものだけにしています。

私はクラウド会計推しであり、自分でクラウド会計を使っているので、キャッシュレスを心がけているため、現金払いはとても少ないです。

ただ、少しだけあります。レシート、領収書の類です。

私の税理士の仕事はひとり仕事なので、財布に仕事のレシートと、個人的なレシートが入っています。いずれも、使うのは私です。

明らかに仕事のための支払いは、何の迷いもありません。仕事なので、経費です。

一方、個人的に買ったレシートの処分をしながら、

「これは経費でもいけるかも・・・」と思うレシートが出てきます。

そんなレシートがあったとしても、経費には入れないようにしましょう。

「経費でいけそう・・・」は、判断基準を鈍らす

「経費でいけそう」

そんな支払は、経費に入れるのはやめておきましょう。

私の場合、そんな支払はすぐに経費からは除いています。

特に、ひとりで仕事をするフリーランスや個人事業主、ひとりで会社を経営するひとり社長の場合、自分≠仕事であり、個人と仕事の境界線が曖昧です。

経費でいけそうなものを、その曖昧さを利用してすべて経費にするとなると、本当は経費のつもりで払っていないものでさえ、経費にしてしまう可能性があります。

飲み代。

備品代。

交通費。

曖昧だからこそ、経費でいけそうなものは除いた方が良いでしょう。

本来は経費でないもの支払を経費にするのは、単純にズル、ダーティープレイです。

そして、それをやることで、本当は何が仕事で何が経費なのか、訳が分からなくなります。

判断基準を鈍らせるのです。

判断基準が鈍ると、税務調査で説明がつかない

ここで、あえて税務調査を意識してみましょう。

税務署の調査があると、正しいかどうかは別として、白黒はっきりつける必要が出てきます。

そこで、経費が問題になったとしましょう。

仕事であるということを説明することになるかもしれません。

そんなとき、判断基準が鈍っていると、明確な回答が出せない可能性があります。

「いやー、内心、本当は経費じゃない寄りだと思っているんだが、経費にしてしまったしなぁ」と思いながら、なかなか明確な答えは出しづらいものです。

曖昧なものを入れなければ、「ここまでが仕事だぜ!」という判断基準を持って、経費にしていることになります。

また、一度そうした支払いを経費にすると、エスカレートすることだってあり得ます。

一回も十回も変わらんだろうと思ってしまうわけです。

経費にならないものを経費にするのは、単純にズルでもあります。

格好つけのようにも見えるかも知れませんが、これが正攻法です。

編集後記(きのうの野田)

きのうは、週末恒例の畑へ。

夕方、だんだんと陽が伸びてきたので5時頃に行っても、まだ明るかったです。

風が吹いて寒かったですが、1時間少し作業を。

大根、ほうれん草、リーフレタス、茎ブロッコリーを収穫。

水やりと様子見を少しして、撤収。

土いじりは楽しいです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク