スポンサーリンク

昨日と同じ今日かどうかは、自分次第。停滞を感じたら、いつものリズムを崩してみる。


日々に停滞を感じたら、普段のリズムを崩すようにしています。

昨日と同じ今日なのかどうかは、自分次第です。

停滞を感じるときもある。

「このところ、代わり映えしていないな」

そんなことを思うことがあります。

特に理由があるわけではなく、漠然と、なんの前触れもなく。

なんとなく、このところ同じような日々が続いているようで、変化が少ないと感じるとき、そう思ったりするものです。

実際にそうであるかは別として、停滞しているように感じます。

そうしたときは、仕事での手数が少ないのだと判断して、新しい策やこれまでの策を改良することを考えます。そして、なんらかの手を打つ。そうしています。

ただ、停滞はなんとなくである場合もあり、その場合は手数とは関係がありません。

なんとなく停滞している気がしているだけってこともあります。

そんな場合は、日々のリズムを少し崩すことで、停滞感を脱することにしています。

起き抜けに、一切スマホを見ずに、走りに出る

先週のある日、多少の停滞を感じていました。

このところ、5時ころという、それなりに早い時間に起きて、本を読むかパソコンで仕事をするかしていました。あるいは、たまに筋トレをしてみるか、それだけでした。

そこで、リズムを崩してみることに。

次の朝、5時に起きました。家族は誰も起きていません。

そこで、他の何かをするよりも一番に、ランニングをすることにしました。

水を飲み、牛乳を飲み、軽くストレッチをして、着替えて出ました。

それより前には、スマホは一切見ずに。持ってもいきません。パソコンもやりませんでした。

この頃のルーチンを、一気に崩してやりました。さらに、まだ起き抜け。頭は完全にフレッシュです。

久しぶりに走ったので、軽く3キロを20分程度で回ってきました。

戻ってきたとき、停滞感は消えていました。さらに、もっと流れをつけてやろうと思い、その日の移動は最近復活したロードバイクで行きました。

見事、停滞から脱しました。

停滞感を感じたら、いつもと何かと変えてみるという手があります。

停滞感は自分次第。停滞感を抜けたと思えればいい。

停滞感は、自分次第なところがあります。

ちょっとしたことで、勝手にそう思ってしまっている。そんな場合もあるわけです。

私は思いっきりリズムを崩してやろうと思って、起き抜けに走りに出てみましたけど、小さくたって簡単だって、少し流れを変えてみることに意味はあります。

これも、自分次第です。

通勤ルートを変えるも良し。

朝食をカフェでとってみるも良し。

いつもと時間をずらすも良し。

いつもと少し違うと、なんとなく見えているものが変わったように感じるかもです。

停滞感なんて、抜けたと思えればいいんですから。

自分次第なら、自分がどう思うかです。

ちなみに、トップ写真は一昨日の朝、早朝散歩の際に撮ったもの。

普段は車や人が行きかう道に、誰もいない朝の時間。これもまた、いつもと違う風景を見ることでも、何かが違います。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク