スポンサーリンク

新しいことを始めるときのキッカケは、「ほんのこれっぽっち」でもやってみることにある。

Pocket

年始。いま、新しいことをするとか、以前やっていたことを再開するには最高のタイミングです。

そんななか、週末に今年はじめて走ってきました。距離としては、ほんの3キロ。これを契機に再開しようというところです。

新しいことを始める・再開するのは簡単ではないですが、ほんの少しからはやってみれば楽ですし、それをキッカケに続けられるものだったりします。

まず走ってみようと思った話

昨年末にマラソンに出て、その後少し休めていました。

しかし、時間が経つとそのうち、しゃがんだときにスネのあたりが痛むように・・・。

これは以前もあって、走れなくはないけれど、走ると痛い。自分でマッサージしてケアし、ストレッチをやったりして、痛みが消えました。

それが再び出てきて、しばらく走っていませんでした。

しかし、そろそろ走らないと、走ることから遠ざかりそうな気がしたので、若干の痛みを感じつつ、少しだけでもと走ってきました。そうして3キロ。

短い距離でしたが、ひさびさに走ってみて、やはり気分は良かったです。

正直なところ、「少しだけ走っても意味ないかな」と思っていましたが、そんなことはなく、これだけでも走るリズムはつかめたような気がしました。

新たになにかを始める、再開するのは、少し気が重いかもしれません。しかしながら、ちょっとだけも、これっぽっちでも、キッカケとして意味はあります。

まずはこれだけ。これだけでも意味がある

新しいことを始めるとか、再開するといったとき、最初の一回は、とにかく始めてみることに意味があります。

まずは少しというと、「最初は思い切って、沢山やった方が良い」という発想がありますが、これがあることで、始めることすら出来なくなってしまいます。

まずは、最初は少し、これっぽっちと思える量・時間からスタートすることが、まず始めるためのキッカケとなります。

私の場合なら、久々に走るために近所3キロでも走ってみるといったようにです。

年始から新たに勉強をするなら、最初の一回から時間を取って3時間やろうとするのではなくて、15分1ページでも始めてみる。

早起きを始めてみるなら、いつもより30分だけでも早く起きて、まずはゆとりを持って通勤することからスタートする。

確定申告の準備を何もしていないなら、まずはレシートを月別にしてみる・レシートを一枚入力してみる。

まず、始めてみることで、その一回でスタートすることはでき、弾みがつきます。そして続けることができる。

そして、小さい一回一回でも、確実に少しずつでも身になっています。

誰に何を言われても、小さくてOKという発想

小さく始めて、そのうち一回一回が大きくなっても良いし、そのままでも良いと思っています。

勉強も、一日1ページが時間的に最適なら、それはそれでOK。

走るのも、2~3キロで良いと思えるならそれはOK。

早起きだって、20分30分の早起きだってOK。

これまで、なにかをやっているという話になったときに、「私は結構やってますよ、これくらい」と、さもそれでは話にならないと言われたようなこともありました。

しかし、そういう人はそういう人。そうやってやる人もいれば、小さく続ける人は小さく続けていくことが正攻法。それでOK。

なにか言われると、それが間違っていることでも凹みますが、自分は自分と切り替えていくことです。

極端にやろうとしても、続けられなければ意味はありません。

年始。これから始めようとすること、再開したいことがあるなら、これっぽっちからのスタートでも十分価値はあります。

編集後記

連休明けての火曜日。今日から仕事始めという方も多いようです。

私の場合、仕事は良いのですが、ブログが平日更新なので、連休明けは若干の負荷を感じています。

これから連休なら安堵、連休明けは負荷。このリズムは結構心地よかったりもします。(笑)


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク