スポンサーリンク

合う合わない、がある朝型・夜型。自分に合う時間源で、良質な時間を作って高いパフォーマンスは得られる。

Pocket

早起きして朝型ライフを送っているのは、朝型が合っているからです。

朝型、一方では夜型。

時間を作って、そのなかで高いパフォーマンスを発揮したいのであれば、朝か夜、自分が合う方を選びましょう。

朝型なのは、朝が合うから

早起きをしていると大変そうに思われることが多いのですが、実はそうでもありません。

理由は、朝が合っているからです。

まずは、時間が欲しい。朝を試してみたら、これがうまくカチっとハマりました。

朝は一日のなかでも一番コンディションは良く疲れていません。頭も体も。そして、静かで何も邪魔は入りません。

自分だけの時間で好きなこと、まとめて一気に取り掛かりたいことに着手するには、打ってつけです。

私の場合、結構気が散るタイプで、集中力が切れがちなところがあります。それでも、朝だとうまくやれています。

先日、ひさびさに夜に作業をしていたら、集中力が切れたのか、あれこれと意識が飛んで作業が進まず、ひさびさに寝る時間が遅くなりました。

疲れていると集中出来ないから、やっていない夜型

夜型でも、集中できるのであれば良いでしょう。

夜も静かですし、外が暗いなかでの方が集中できるというのであれば、それもオーケーです。

朝は推していますが、夜ダメとは言いません。私が、夜が合わないという程度の話です。

先日、その日のうちにやっておきたい作業があり、食事もしてお風呂も出たあとに、自宅が静かになったので始めました。

ホームページの設定やら、文面の変更やら、進めていましたが、途中途中でサボりが入りました。

夜23時頃。ひさびさに夜型をやっていると楽しくなってきたか、朝とは違って短いリミットでないことに安心しているのか、集中力が欠けて、あれもこれもやろうと思い、注意が散漫になっていました。

設定の方も終わっていないのに読書など始めたり、本当は違うのに「時間貴族」と勘違いして、夜型にどぶっとハマっていました。

いろいろ中途半端なまま、結局その日は寝て、「早起きすりゃいいな!」と普段早く起きているので、そのつもりでいると・・・寝たのが1時すぎで、5時には起きれず、二度寝して6時すぎに起き、朝は余裕なし。

「あー、夜は向いてないな」と実感。こうしてネタにはなっていますけど。

一方で、朝は頭が働かず、夜の方が良いという方もいるでしょう。時間を作るための時間術は、自分に合う時間を選択すればオーケーです。

朝か夜は、自分と生活サイクルに合うかどうかで決める

私の場合、朝型が合っているようで、朝の方がハイパフォーマンスを発揮できます。

ブログに、仕事の資料読みや読書、あれこれと考えることまで含め、朝が集中して一気にできることが多いです。

時間を作ろうと思って、朝か夜でどうしようと思ったら、両方試すか、直感で良いと思える方を試してみる。そして、合っているなと思う方でやってみる。

両方やれば、合う合わないは出てくるはずです。

そして、それにプラスして、自分の生活サイクルに合うかどうです。

朝子どもを保育園に7時頃に送っていく必要がある方が、朝型は難しい場合があるかもしれません。

一方、毎日飲みの席がある方であれば、夜型は難しいでしょう。

私は、仕事やたまにある飲みの席、あれこれで夜は不安定と踏んで、朝にしました。

朝か夜かを決めるときは、自分に合うかどうかとプラスして、自身の生活サイクルに合うかどうかも大事になってきます。これらを合わせて選びましょう。

こうして選べば、時間を作れ、かつ、うまくやれる可能性が高いです。

日中は仕事や育児など、時間がうまく作れないなら、朝か夜は大事な時間源です。自分に合致する時間で、良質な時間を作るのはおススメです。

編集後記

写真のコーヒーは、大宮氷川参道にある熊谷珈琲のテイクアウトしたもの。

自転車で行ったからか、自転車のクマにしてくれたのか、たまたまか・・・?

思わず撮ってしまいました。こういう一コマが楽しいですね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク