スポンサーリンク

子育てで時間がなくても、やりよう考えよう。子どもとの時間を運動の時間に転換する方法。


子育てをしている日々は、思うように時間がとれないことが多いです。

「あれやろうと思ったけど、出来なかった・・・」そう思い、その日が過ぎていくこともあります。

それは、運動もしかり。ただ、今年34歳の私。運動習慣をなくせば体は一気になまります。

それなりに時間がとれないならと、子育ての時間でうまく運動を取り入れています。

自分が思うように時間がとれないなら、やりよう考えよう

子育てをしていると、自由に自分の時間を確保することが難しくなるものです。

生まれてから幼児まで。

そして、幼児から児童まで。

それなりに付いていなければいけません。

私はちょうど、その子育て世代です。長女は6歳で小学一年生。次女は昨年生まれて0歳。

心身ともに成長してきた長女とは、それなりにしっかりしたやりとりが、遊びにせよ、暮らしにせよ、必要です。

まだ赤ちゃんである次女は、まだまだお世話が必要です。

日中は仕事をして、夜帰れば、就寝時間までは剛速球のように過ぎていきます。

気づけば、22時や23時。

「あ、あれやろうと思ってたんだ」と思うことが未達だったりします。

それは、日々の運動も同様です。

私の場合、普段から運動をしていないと、何かと調子が悪くなる方で、運動が必要なタイプです。

ただ、まとまった運動時間を確保しようと思うと、うまくいきません。

子どもとの時間のなかで、やりよう考えようで、確保します。

子どもの充実と自分の運動で最良のバランスをとる

子どもが生まれるまでは、割とハードに運動をしていました。

週に三回以上は10キロほど走っていたし、ジムにも行っていました。

移動は当時買ったばかりのロードバイクにて、一日10キロ以上。

まぁ、20代だったこともあり、それで日々充実していたし、調子も良かったです。

ただ、子育てをするようになり、うまく時間がとれなくなりました。自分が思った時間に、好きなタイミングでやるのが難しくなります。

長女が生まれたばかりで不慣れなときと、それなりに慣れているけど次女がいる今、ほぼ条件は同じかなと思います。

そんな当時から、最近まで。うまく運動の時間をとるために、子育て時間で運動を取り入れて、バランスをとっています。

子どものの充実と、自分の運動とで。

具体的には、こうして子どもとの時間で運動時間を作っています。

・長女の全力自転車に全力で並走する

・次女の寝かしつしけ、あやしつつ筋トレする

・積極的に階段移動に誘導する

・本気で遊ぶ

長女の全力自転車に全力で並走する

4歳くらいから自転車に乗る長女とは、自転車に乗りに公園によく行っています。今は6歳。まだまだ公園で思い切って自転車に乗るのが好きです。

一周400メートルほどの周回コースを10周くらいは軽くやるので、5キロくらいは乗れます。

それに、全力でついていく遊びが我が家にはあります。

いま6歳の長女の全力自転車と、33歳の私の全速力は、ほぼ同速度です。

おそらく、1キロを4分50秒くらいのペース。

それを、1キロくらいならついていけるので、付いて行き、途中休んで、また走れたら付いて行く・・・というのをやります。

大きな公園に行って、一周が2キロ以上のコースを走るときは、さすがにジョグです。たまに加速して競争したり。

これについては、以前にブログにまとめています。

先週末は、埼玉県は羽生市にある羽生水郷公園へ行ってきました。 羽生水郷公園は、とにかく大きい自然公園。虫も鳥もたくさんいます。 ...

思いっきり運動したいなら、無理のない程度で子どもに提案すると、のってくれるかもしれません。

次女の寝かしつけ、あやしつつ、筋トレする

いま8カ月の次女。まだまだ赤ちゃんです。

日々、絶賛子守中なので、なかなかそれと同時に何かするというのは難しいところです。

寝かしつけたり、あやしたりするときは、手放せないので出来ることは限られます。

ただ、スクワットするなど、筋トレはできます。

特に、上下運動で眠りにつきやすくなるという赤子の寝かしつけには、スクワットは効果的です。

あやしつつスクワットしていたら、この数カ月でガツンと太ももが太いです。

積極的に階段移動に誘導する

長女と出かけるとき、家族全員で出かける際に長女と先に出るとき、マンションの下までに移動は階段に誘導しています。

無論、階段の上り下りは確実に運動になるからです。

それを利用する手はありません。

「おー、行こうぜー」と、積極的に誘導します。

6歳の長女。最近下りは付き合ってくれますが、上りは避けられています・・・。

もう、本気で遊ぶ

子どもと遊ぶときには、何か別のことをするのはご法度と決めています。

本は読まない。(まぁ、読めない)

スマホは見ない。(なぜ見るか?)

回避しない。(遊びましょう)

これが、遊ぶ時の基本です。

これらを踏まえて、もう本気で、子どもと同じレベルで遊ぶことにしています。

それが、一番の運動になります。

特に、公園や外遊び。一緒になって遊んでいるだけで運動であり、ハードワークです。

一緒になって疲れて。たまに昼寝して。子どもと充実を分かち合いつつ、運動ができる。これは、やはり最高です。

子どもとの時間と、運動の時間と。まとめ

というわけで、子育ての時間と、そうした時間のなかでもどうやって運動の時間を図るか?ということについて、書いてみました。

今は、こうして割り切って、子どもの充実を図りつつ、自分も運動で充実するという、それなりにうまい方法でやっていますが、当初はうまくいきませんでした。

ただ、いろいろ考えて、試してみたりして、今に至ります。

やはり、考えようであり、やりようであります。

子どもとの時間で運動ができない。あるいは自分の時間が持てないと悩むなら、やりよう考えようで、何かできる方法がないかどうか、考えてみるのがコツです。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク