スポンサーリンク

時間を作るための最短距離としての、テレビを見ないという選択肢。テレビを見ないだけで、時間は作れる。

Pocket

テレビはほとんど見ることがありません。

ブログを平日毎日で書こうと決めたタイミングで、ブログを書く時間を作ろうとしたところ、いつの間にかテレビは見なくなっていました。

「時間がない」「時間が欲しい」というのであれば、テレビを見る時間を減らすというのが手っ取り早く、時間を作る最短距離となります。

テレビで一時間は余裕で消耗する

テレビはリモコンでスイッチを入れて、目の前に座れば、いつまでもついていて、ずっと何かを移し続けています。

こちらの都合と意図とは関係なく、続いていきます。

テレビの存在は、テレビが大好きでテレビが趣味であるという場合意外は、なんとなくあるものなんじゃないでしょうか。

なんとなくあり、なんとなく見る。

仕事から帰ってきて、カバンを置いたら、まずはテレビをつける。そして、テレビの前に座ってビールを飲みながら、なんとなくながめる。

こうしている時間は心地よく、余裕で一時間は消耗してしまったりします。あるいは、二時間でも。

そのテレビが、見たくて見ているテレビなら良いのですが、別に見たいわけでもないのだけれど、疲れて帰ってきて、なんとなくやっているのであれば、考える価値はあります。

特に、時間がない、時間が欲しいと思っているのであれば。

一日2時間のなんとなくテレビ、寝る時間に

なんとなくテレビはやめましょう、と言いつつも、以前はよくテレビを見ていました。

帰ったら、とりあえずテレビ、なんとなくテレビ。それが習慣になっていました。

ところが、今ではほとんどテレビは見ません。

以前、ブログを平日毎日で書こうとしたとき、ブログを書く時間を作る必要がありました。おそらく、一日に2時間は必要だと認識していました。

家族がいて、子どもがいることもあり、自分の時間都合で書こうとすると、いろいろ歪が生じると思い、早起きの時間(その頃は6時起きだった)を早め、4時に起きて書くことにしたのです。

無論、4時に起きるのであれば、それまで0時に寝ていたのは改める必要があります。毎日4時間睡眠では、私はもたないと判断しました。6時間は寝たい。

そこで、夜22時には寝ることにしました。

帰宅して、荷物を片付け、着替えて、食事をして、風呂に入ったりしていると、すぐに22時近くになります。以前はテレビを見ていたのも、止めようと意図せずも、見なくなり、22時には寝るようになりました。

そして、気が付けばその日々が続き、今に至っています。

振り返れば、一日2時間はテレビを見ていたので、(なんとなく)テレビを見ていた時間の分だけ、時間を作っていました。

テレビは意識しないと、それが時間を消耗しているとは気が付きにくかったりします。なんとなくあり、なんとなくついている場合は特に。

時間を作りたいであれば、テレビ時間の削減を考えてみましょう。

まずは減らすだけでも時間効果はある

私の場合、基本的になんとなくテレビはやらずに、どうしても見たいテレビだけをライブで見るか、見たいものを録画して見ることにしています。

最近であれば、Eテレでやっていた香川照之さんのカマキリ先生という虫番組と情熱大陸は見たく、録画して見ました。見たいものがあれば、見ることはあります。

ほとんど見ませんが、全く見ないわけではありません。

今テレビを毎日、たとえば夜に2時間程度見ているのであれば、急に全部見るのをやめるのはしんどいかもしれないので、見る時間を減らすことから始めてみましょう。

2時間のうち、半分はなんとなくついているけど、ニュースの時間はかじりついて見ている、目的を持って見ているというのであれば、ニュースだけを見るようにしてみる、といった様にです。

もし、全部をなんとなく見ていたのであれば、思い切ってやめてみるのも手かもしれません。

情報源がなくなったらどうすれば良いか?

テレビを見なくなると、情報源がなくなるのではないかという、懸念をするかもしれません。

自分が必要としている情報源が、ある番組で得られるのであれば、そのテレビは見ても良いでしょう。必要テレビなので。

そうではなく、なんとなく情報源がなくなるとしても、今はなんとかなるものだったりします。

私も、ネットニュースは朝夕の時間くらい見ていますし、それでざっくりした世間の流れ、動きは把握できています。

また、グーグルアラートという、グーグルが提供しているサービスを利用すれば、自分が気になるワードを登録しておけば、ワードに関連する24時間内に更新された記事が、毎日特定の時間に送られてきます。

情報が必要であれば、こうしたサービスを使って、動向を把握する方にシフトするのもアリかもしれません。

テレビをいつも見ていたので、見ないと不安というのはあります。小さいころからいつもついていたのであれば、習慣であり、当たり前の存在だからです。

ただ、それ故になんとなく見てしまうというリスクはあります。それが時間を消耗してしまう。

「時間がない、時間がほしい」と思ったとき、見ているテレビをやめてみるというのが、最短距離のコースの場合があります。

「ん、そうかも」と思うのであれば、やってみる価値はあります。

編集後記

昨日は終日、川崎にて仕事。

帰りにラゾーナ川崎をチラ見。結構いい店が揃ってますよね。

夏休み中なんで、子どもがたくさんいましたね。みんな涼みに来ていたようです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク