スポンサーリンク

休みの日の夕方に感じる「何となく気だるい感」は、走ればだいたい解消できる。

Pocket

休みの日の夕方は、なんとなく気だるいです。

翌日仕事だと思うからか、先週の仕事の疲れを引きずったか、休日が終わりそうな感傷的な感じからか・・・まぁなんとなく気だるい感じがします。

ただ、この気だるさを引きずって、翌日の仕事に突入したくはありません。気だるい感じは消してしまいたい。

私は、このなんとなく感じる気だるさを、走ることで消すようにしています。

IMG_1973

なぜか気だるい、休みの日の夕方

休みの日。

朝から用事を済ませ、だいたい方が付き、遅めの昼食を食べて少しした頃の、午後3時4時。

「今日も終わりかぁ」と思うと同時に、なんとなく気だるいです。

この時間、実は何をやってもしっくりこないのは私だけなのでしょうか。

本を読もうにも、なにやら眠くてページが進まないです。かといってビールを飲み始めれば、本当に今日が終わります。(笑)

正直、何をするでもなく、過ぎ去りそうなこの時間が、気だるい感じがするのでしょう。

そして、翌日は朝から仕事です。

できれば、この気だるい感は消し去ってから、仕事に向かいたいものです。もしかすると、このまま仕事に向かえば、翌日の半日は気だるい感が抜けないかもしれません。

こういうとき、走りに行くようにしています。

気だるいのに走りに行くのか?

というのも、走るとかすれば、帰宅する頃には気だるい感は抜けていたりするものです。

気だるいけれど、走る。走れば消える。

気だるさを感じたとき、「走るかな・・・」「走った方が良いかな・・・」と思いつきます。

しかし、気だるいから走りに行くのもかったるい気がします。

こういったときは、走った方が良いとは分かってはいるんです。

こうして、気だるいときは走った方が良いことは分かっているんだけれども、走りに行くのが気だるい。

ただ、絶対走った方が良いのです。

あまり気は乗らないのですが、とりあえず着替えてみます。

とりあえず、1キロでも回ってこようというくらいの気持ちで走り出すと、あとはなんとかなります。

はじめの500メートルくらいは、体が重いのですが、次第に乗ってきます。

1キロを超える頃には、もう少し行ってみようという気になっていたりします。

昨日の日曜日の夕方、まさにこんな感じでした。

結果、途中で雨が降り、次第に強くなってきたので5キロほどで引き返しましたが、走って、ほどほど汗をかいて、体を疲れさせて帰ってみると、気だるさは抜けていました。

まぁ、走ればだいたい気だるさは抜けます。

こうして過ぎる休日の話でした。

気だるさには、頑張った感と負荷が効くよう

仕事が日々の時間の大部分を占めるのが現状で、普段は仕事をしていることがレギュラーな状態であったりします。

となれば、休みの日がイレギュラーになっているともいえます。

このイレギュラー感が、休みの日の夕方の気だるさを生むのかもしれません。

仕事の日は、程度の差はあるでしょうが、みんな頑張っています。

頑張っているし、ある程度くたびれます。毎日突き抜けてる方もあるでしょう。

それがレギュラーになっている状態で、イレギュラーな休日は抜いてる感がして、気だるさが出てくるのかもしれませんね。

だから、走るとか・プールで泳ぐとか、自転車乗るとか、あるいはスポーツじゃなくても心身で打ち込んで、どこか消耗するという何かで、負荷をかけることで、気だるい感じを消すことで、いい感じにフラットになれているのかもしれません。

休日も頑張る、良い具合にくたびれる。

「いや、俺は寝てゆっくりしていれば、それでよい。気だるくない」のも全然OKでしょう。

ただ、私は気だるくなるし、気だるい感は消したい。

こうして、昨日も、そしていつかの休日も、コツコツ消していくのです。

今日のブログは、少しまったりな感じでした。

編集後記

ちなみに、走る前はビールを飲もうと思っていたりしましたが、帰ってからコーラを飲みました。

よく、「走ったらビール!」とかありますが、私はダメですね。

走った直後、あまりビールは飲みたくないのです・・・。1時間くらい経ってから飲みます。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク