スポンサーリンク

本はきれいに読むか?読み倒すか?読書をより効果的にするためには、読み倒し書き込んでモノにする。

Pocket

本をどう読むか?

読書術については、これまで何度も考えてきました。

最近、読書の方法をガラッと変えてみたのですが、これが実にしっくりきました。

読書をより効果的にするためには、本を読み倒した方が良いという答えにたどりつきました。

IMG_1987

読書の仕方をガラッと変えてみた

本の読み方を変えてみました。

これまでの私の本の読み方は、本はきれいに取り扱い、新鮮な気持ちで最後まで読み進め、気に入った本はきれいな状態でとっておき、不要だと思ったら売るというスタイルをとっていました。

きれいにとっておきたいと思えば、本は大事に扱います。売る可能性があると思えば、本に書き込みはできませんし、ダメージを与えないように気を付けます。

この方法で、しばらくやってきました。

ただ、このところ、どうも読書が面白くない。

これまでやってきた読書法を見つめなおすころかな・・・と思いました。

そこで、本当は以前からやってみたいと思っていた、本を読み倒す読書に切り替えてみたのです。

本を読み倒す読書、やってみると結構快適でした。

本を読み倒す、書き込む、吸収する、使う

本を読み倒す読書とは、本の内容を確実に吸収して自分のものにして、必要に応じてすぐに振り返れるようにして、行動に移すことが出来る読書の方法です。

これまできれいに読んでいた本に、マーカーを引き、書き込みを入れるということをします。

具体的には、

・読み進めて、気になる箇所はすべてマーカーを引く(新しい知見・参考になるところ)

・必要に応じて、マーカー箇所に書き込みを入れる

これだけです。当面、これだけで進めています。

こうすることで、気になった箇所の理解が、ただ読むだけに比べて深まるし、あとでその箇所を振り返りたいと思ったら、マーカーが引いてあるのですぐに発見できます。

本を読み倒す読書で、本に書き込みを入れるため吸収の度合いは高まり、復習が容易になり、読書を日々の行動や新しいチャレンジに繋げやすくなります。

これまでは、いかに本をきれいに読むかということに重点を置いていたので、読みつつも実際はあまり頭に入ってはおらず、気になる箇所を振り返りたいと思っても、どこにあるのか分からないので、面倒くさくなって振り返らないということを繰り返していました。

この方法では、本の内容が断片的にしか頭に残っておらず、読書の効果が半減してしまっていたのです。

これの繰り返しで、最近読書がかったるくなってしまっていたのかもしれません。

マーカーを引けば、読みつつ手も動かすので、より意識的・意欲的に読書を進めることができます。眠くなりにくというオマケもついてきます。

本を読み倒す読書、始めてみると想像以上に快適です。そして、吸収・効果に繋げる。

10年以上本を読んできて、初めてやってみました。本に書き込むことに抵抗がある方も、読書に悩みがあるならやってみる価値はあるかもしれません。

読み倒す読書、本の処遇をどうするか

本を読み倒し、線を引くようにすると、当然、中古下取りには出せなくなります。

基本、本は書き込みなしでないと、買ってもらえません。

こうなると、これまで売って整理していた本をどうするか?という問題が浮上してきてしまいました。

勉強仲間で読書家の友人は、本にはガンガン書き込みを入れて、読んだ本は全部とってあるという話をしていました。

税理士仲間の知り合いの方は、こちらも本には書き込みを入れるが全部はとっておかずに、本当に大事な本以外は捨てるという方法を取るということでした。再度気になって、どうしても読みたければ、また買うということです。

どっちを取るか・・・?

全て取っておくには場所がないし、あっさり捨てるのもちょっと・・・。

とりあえず、中間を取るような感じで進めて行こうかなと思っています。

ガラッと変えてみた読書法で、読書を加熱させつつ、しっかり行動に繋げていきたいところです・・・!

編集後記

今日は5時半に起きて30分読書して、その後にブログを書き始めるも、どうも乗らずに一時間書いては消し、考えて練り直し・・・。

結局書き上がらず。久々にしんどかったです・・・!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク