スポンサーリンク

本を読めない人が本を読むためのひとつの技法。ただ勧められただけの本、売れているから読もうでは、本は読めない。

Pocket

「この本おすすめだよ」

「この本が売れているらしい」

勧められた本、売れている本は、買ってみても読み終わることが少ないです。

本を読むということは、自分の知識欲だと思っています。それを知りたい、学びたいという気持ちから読むものが読書。

本が読めないという話を聞くことはありますが、自分が読みたい本を読んでみてはどうでしょうか。

勧められるが、売れているが、興味はあるか?

これまで本を読むということなかで、だいたい自分がどういう本が読めないかが分かってきました。どういう本ならストレートで読めていて、どういう本が読めないで積まれるのか。

結果、私の場合は人から勧められただけの本と売れているという理由で買った本が読めません。

どちらにしても、自分の興味・関心がその本と中身に対してあるのかというが、本を読むうえでは大事なことです。

勧められただけの本は読めない

人から勧められただけの本というのは、勧められはしたけれど、その本のテーマやざっとした内容に興味が湧かなかったけれども、勧められたから買って読んでみようとしたものです。

本を読むというと、「勧められたから読む」という伝統的な読み方があるわけですが、興味がないのに、ただ勧められたからという理由で読もうとすると、読めない場合がでてきます。

読み始めて、「やっぱり、興味がなかった・・・」これだと、飽きます。そして、積まれる。

もちろん、誰かと特定のテーマについて話しているなかで、「そのテーマの○○なら、あの本良かったよ」という勧められ方で読む場合は読めます。興味があるから。

そうではなくて、何のテーマ設定もなく、関心を問わずして、「これ、俺のおすすめの本だからよ!それっ」といって、放り投げられてお勧めされる本。これは難しいです。

万に一つ、たまたま良かった、たまたま関心にヒットしたという場合はあります。

ただ、私の場合はほとんどそういうことはなかった。

私が大企業の部長に向けた組織論の本を勧められても、やはり響かないものです。

本を読んでいないけれど、読みたいという方が本を読むなら、ただ勧められただけの本はやめておいた方が良いかもしれません。

売れている本は、読めない

そして、もうひとつ。

売れている本というのがあり、ベストセラーとなっていたり、話題になっていたりするものがあります。

売れているという情報を知ると、読みたくなったりするものです。

ただ、それが読めません。

それは、内容について関心を持っていないからです。「売れている」ということが、読みたい理由になっている場合、内容がどうこうというのは関係なくなってしまいます。

このパターンは読めないと分かっている今でも、たまに広告で見かけて話題となっている本や、書店の新刊コーナーにある売れ筋に惹かれてしまって、パラパラ。でも、内容をみて興味がなければ買わない、読まないようにしています。きっと、途中で読まなくなるから。

「売れている」から読みたいと思っていないか、気を付けましょう。

自分が読みたい本を読もう

誰かに勧められただけの本、売れている本を読んで失敗するのではなく、本を読みたいなら自分が読みたいと思う本を読みましょう。

本というアプローチから入るのではなくて、どういうものが好きか、読みたいのかという入り口に立ってみるということです。

考えてみれば、これって幸せなことだと思うんですよね。

自分が読みたいと思うもの、知りたいと思うものを、読むことができる。知ることができる。

子どもが決められた科目や決められた教科書で、決められたことを学ぶのとは違って、自由なわけで。

別に、自分がやっている仕事に全然関連しなくても、興味があるのであれば、どんなことでも自由に学んで知ることができます。

そう思えば、本を読むというのは、自分が読みたいものを、好きなものを読めば良いというところに行きつきます。

勧められても、売れていても、読めないものは読めません。自分が読みたいものを読みましょう。

編集後記

けさは、5時45分起床。ここ数日、遅れています。

昨日は、午前中から所用で、午後からは税理士会の月例会に参加。

その後は書店にて、とある本を購入。これから二か月、悩みそうです・・・。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク