スポンサーリンク

早起きはショートスリーパーにあらず。6時間睡眠で早起きをやる方法。


早起きをしているというと、受けられることのある誤解がひとつ。

早起き = ショートスリーパー

実は、早起きをしていても睡眠時間は確保しています。ショートスリーパーではありません。

むしろ、睡眠時間があるからこそ、早起きを続けられています。

早く起きることと、睡眠時間の短さは関係ない

早起き。私の場合であれば、4時か5時に。その時どきで設定しています。

その時どきとは、寝る時間から逆算して6時間くらいになるように設定した時間としています。

よく聞く6時間睡眠法というのがあります。ひとは6時間くらいは寝た方が良い、6時間寝るのがベストといったものです。

そういう考え方があるということを聞き、自分でもやってみたうえで、合っていると感じたことから、ずっと続けてきています。

結果、6時間くらい寝るのが調子が良いと分かりました。

ここまで紹介してきてわかるように、早起きをしていても、決して睡眠時間は短くありません。むしろ、標準以上だと思います。

こう言うのには意味があって、早起きをしているというのはショートスリーパーという、睡眠時間が短い人、時間にして3時間とか4時間(あるいはそれ以下の場合もあるらしい)の睡眠しかとらなくても平気であると、勘違いされることがあります。

すでに分かるように、早起きをしていても6時間は死守していて、ショートスリーパーではないのです。

特に、私の場合は寝る時間が大事だと思っています。そのうえで、早起きをやっています。

早起きを始めたい場合には、寝る時間は意識しておいた良いでしょう。

早起きをするなら、これまでの寝る時間は確保する

これから早起きをしようというとき、思ってしまうのが、急に睡眠時間を短く設定しようとしてしまうケース。

睡眠時間をそこそことっていたのに、早起きを機に短くしようとすることがあります。

たとえば、毎日0時すぎに寝て、6時すぎに起きていた生活サイクルであれば、6時間の睡眠は確保できていることになります。

これを、早起きで4時起きと決めこんだ瞬間、0時寝で4時起きとしてしまうというのがあります。早起きするんだし、4時間でも大丈夫っしょという感じがしますが、これをやると結構きついです。

というのも、早起き=ショートスリーパーではないから。

早起きと寝る時間が短いことは同じではなく、寝る時間が短くある必要はないわけです。

とはいえ、早起き初日はこれまで通りの0時寝でも良いかもしれません。早起きはまず一日目に早く起きる必要があるので、初めて早く起きる日がないと始まらないからです。

初日は0時寝で、4時起き。おそらく、キツイだろうし、日中眠いかもしれません。

これが奏功して初日の夜は、普段は0時に寝るところが11時とかに早まるかもしれません。もう起きてられないと「無理~」という感じで。

体がそれが正しいと判断してくれるので、それに従って寝る時間は早めましょう。そして、理想はこれまでどおり、6時間とる。

早起きは健康とか言いますが、睡眠時間を無理に短くして早起きをしていては、逆に不健康ともいえます。

これについては、実際に過去、失敗の経験があります。

早起きが過熱して、2時台に起きていて体調を崩す

以前、税理士試験の勉強をしていたころ、時間を確保したくて仕方がなかった時期がありました。

おそらく10年ほど前。その頃すでに早起きをしていました。

その頃は、3時半くらいに起きることを常態化していて、早く起きては勉強したり、走ったり、好きなことをする時間を設けていました。

だいたい、11時くらいに寝て、3時半起き。当時20台前半で、このときは4時間半睡眠でやっていました。

このとき、なぜか調子に乗って、睡眠時間を削って寝る時間を早めてしまったのです。

11時寝の、3時15分。3時。そして・・・2時50分。

2時50分でを数日続けていたら、ガタがきました。

ある朝起きて、普通に立ちあがろうとしたとき、なぜか足に力が入らず。立つことが出来ませんでした。足がわらってしまって、立てない。

おかしいと思い、熱があるような気がして測ってみると、39度。ついでに腹も調子が悪く、散々なことがありました。

そのときは、ウィルス胃炎。寝る時間が短かったからか、きっと弱っていて、引き起こしたのかもしれません。

これがあってから、睡眠時間を短くするのはやめました。それは合っていない。寝る時間は確保しないといけない方なんだと自分を理解して、今に至っています。

私の場合は6時間睡眠が調子よく、6時間寝ての早起きをやっています。もちろん、それぞれで良いと思います。合うやり方で、ショートでもいけるなら、早起きショートでも良いでしょう。

ただ、それはキツイ。それは出来そうもないというのであれば、睡眠時間を確保しつつ、早起きをやる。無理にやろうとすれば、早起きそれ自体が出来なくなってしまいます。

早起きといっても、睡眠時間は確保してやって大丈夫です。

編集後記

けさは5時起床。

早起きをしていて、一番気持ちいいのは、やはり今の時期。

5時くらいから外は明るし、寒くないし。最高です。

早起きを始めるなら、今の時期です。


クラウド会計ソフト特化型の税理士「野田翔一税理士事務所」

さいたま市大宮区東町にて、クラウド会計ソフトを専門としている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案を得意としています。お金のディフェンスについても強み。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 野田翔一税理士事務所事務所ホームページはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク