スポンサーリンク

楽か苦か迷ったら「これしかない」が効く。エスカレーターか階段かで迷ったら、「これしかない」で階段に向かう。

Pocket

普段から、エレベーターやエスカレーターは使わずに、階段を使うようにしています。

しかし、帰りが遅くなってしまった日の夜で、多少くたびれているようなとき、ついついエレベーターに乗ろうかと思ってしまうことも・・・。

そうなりそうなときは、「階段しかない」と思うようにしています。

階段だけでなく、「楽か苦か」の選択をする場面は結構あります。そうしたときに「苦」を選択するためには、「これしかない」というのが役に立ちます。

「階段しかない」と思って階段を使う

普段から、自宅マンションから、駅、出かけた先の施設などで、階段とエレベーターがあれば、階段を使っています。

そうしている理由は、それだけで結構と足腰が鍛えられるからです。

ランニングで走って鍛えるということもしていますが、日常の暮らしのなかで鍛えられれば、なおさら良いと思って、取り入れている事です。

基本、誰かと一緒にいる場合を除いて、ひとりでいるときであれば階段を使います。

もともと特に意識はしていなかったのですが、駅ホームでも階段を使う派は結構少数派で、普段から「階段使ってますよー」と話のネタで話すと、それだけで話になったりします。

確かに、電車を降りて駅ホームから駅に上っていくとき、階段とエスカレーターがあれば、9と1で9がエスカレーターに流れ、階段は1程度です。少数派ですね。

「しんどくない?」「エスカレーターにしようよ」といった感じで、そこそこ盛り上がります。

こうして駅のホームで多くの人が階段に流れているようなときや、夜遅くなっての帰路にある階段、ラストの自宅マンションの階段などでは、楽な方に流れてしまいそうになるわけです。

そこで、役に立つのが「階段しかない」という思い込み。「階段しかないんだよ」と言いきかせつつ、階段に流れ込みます。昇ってしまえばそれまで、道中はきつさを楽しんでいたりもします。

こうした、楽か苦かという場面は日々たくさんあって、迷ったら「これしかないぜ」思い、そちらに流れるようにしているというわけです。

「これしかない」は、結構効く

楽か苦か、楽を選べば楽ではあっても、何も得られない。苦を選べば健康というリターンがある。階段であれば、そんな感じです。

こうした場面で、「これしかない」は結構効きます。

駅の階段以外にも、楽か苦かという場面はあり、そこで躊躇しそうであれば、「これしかない」と思うことで、苦の方へ流れることが出来ます。

たとえば、駅から出て目的地に向かおうとするとき、目的地が1.5キロ先であったとしましょう。これくらいの距離なら、歩いて行っても15分くらいでしょうか。

しかし、目の前にはバスがあります。ここで迷ったら、「いや、バスはないんだよ。歩くしかない」と思って、歩く方をチョイス。効いています。

また、自宅から5キロ先の目的地で仕事があるとき、いつものクロスバイクで行こうとしたところ、何やら風が強く寒い・・・。

「車にするかな・・・」と思い始めたら、「いや、車はなくてこれしかないんだよ」と切り替えて、クロスバイクに流れます。効いてますね。

「これしかない」と思うことで、強引にスイッチが切り替えられます。

「これしかない」は何かを断つにも効果的

階段から自転車移動、歩くかバスかといった日常的な苦か楽かで役立っている「これしかない」と思うこと。

これまでそれで乗り越えてきたことは多く、10年ほど前に禁煙した時もそうでした。

「いや、もうないんだよ」と思い込んでやっていました。もうないとは思いつつ、いつでも買おうと思えば買えるという余裕が効きます。

禁煙に関してはそう簡単ではないので、やめるタイミングと運もあったのかもしれませんが、思い込みが功を奏したのか、二度目のチャレンジで止めれました。

何かをするために役立つと同時に、何かを断つにも役立ってきました。

「これしかない」

構造的には、ただ自分が思うだけというシンプルなものですが、それだけにうまく切り替えられれば早いです。

今日もそれで、階段昇ってきます。

編集後記

階段使うネタは、数人で行動しているときに、「階段使うでしょ?」言われるところまで含めてネタになっています。もともとネタで始めたわけではないですけど、結果ネタになっています。

今日は電車移動が多いので、階段が多そうです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク