スポンサーリンク

怒って得なし。怒らなければうまくいく。年を重ねて学ぶべきことは、いかに怒らないか。

Pocket

最近、いかにして怒らないでいられるかということを、意識しています。

以前は、今に比べると、怒ることも多かったような気がします。

しかしながら、怒ってよいことなんて、ほとんどないんですよね。

DSC_0419

怒る、ということ

最近、あまり怒らなくなりました。

特に、怒らないようにしよう、という試みをしていたわけではなかったのですが、あるとき気付いて、最近あまり怒ってないな、と感じました。

怒らなくなった理由を探ってみると、思いあたるフシがありました。

日々、自分の行動と考えについて、思慮しているからではないかということです。

平日毎日のブログ、ほぼ毎日つけている日々の気付きメモが、自分を振り返り、この先どうするかということを考えるキッカケとなっていました。

自分の行動と考えについて直視すれば、まずい側面は修正しようと思うものです

怒りについて、意識はしていませんでしたが、自然と効果が出ていたのかもしれません。

そして、あるとき怒ることが少なくなったと感じました。

こうなると、以前は結構、怒っていたような気がしてしまいます。

怒るのは簡単で、毎日過ごしていれば、どんなタイミングでも怒れます。

・駐車場が空いていなくて怒る

・店が混んでいて怒る

・仕事がうまくいかなくて怒る

などなど、これらは私が実際に怒っていたものです。

「あぁ、怒っていたな」と、思いはじめ、より怒らないようにしようと、意識するようになったのです。

怒って得なし

怒ることが減ったと気付くと同時に、より怒らないように意識しています。

なぜかといえば、怒っても得はないと思っているからです。

「怒って得なし」。いつも意識しています。

怒ってみれば分かるのですが、怒って良いことなんて、ほとんどありません。

どこかで、誰か・何かに対して怒ったとしましょう。

まず、自分が嫌な気持ちになります。心拍数は高くなり、正常な判断はできなくなる。そして、その場面がひとまず過ぎ去ったあと、振り返って罪悪感がこみ上げてきます。

また、その場面に同行者がいれば、同行者も嫌な気持ちになるかもしれません。取り乱しているところを見ているわけで、複雑な気持ちを抱くこともあるでしょう。

怒ると、怒ったその場が良くないし、その後も怒ったことは長く尾をひきます。

総じて、怒って得はないです。

怒り、クレームをぶつけることで、なにかを無料でもらえた、割引を受けることができた、なんらかの利益を受けることができた、ということはあるかもしれません。

ここで、怒らなかったことで、もしかしたら損をするということはあるかもしれません。

ただ、怒ってまで勝ち得た得なら、初めから放棄した方が勝ち、怒らない方が得だと思うのです。

怒らないでいようと思えば、結構いろいろ、うまくいくことも多いです。

怒らないことで勝つ、うまくいかせるためには、怒らないことが前提です。

怒らないようにするためには、ただ怒らないと意識するより、ちょっとした考えを持ち出すことがコツだと思っています。

怒らないために、意識していること

怒らないようにするためのコツは、ゆずるということです。

常に一歩下がる、誰かにゆずる。

怒るときは、自分が損をしそうになる場面とか、怒ることで自分が有利になるような場面が多いです。無意味な対抗・競争ともいえるかもしれません。

しかしながら、怒って得なし。怒って勝ち得る得ならいらない。

それならば、はじめからゆずる。場合によっては、ここは損でも良いと決めてしまう。

そう思っていれば、実際にそういう場面で損をしたとしても、諦めがつくというか、    「まぁ、いいか」と思えたりします。

怒らなければ、正直いって楽です。

だから、いろいろうまくいくような気がするのかもしれません。

怒らないことで、良い方向に向かうのであれば、年を重ねるごとに、いかに怒らないでいられるかをより意識したいと思ったのです。

正当な主張、防御は通すべきですが、無意味には怒らない。

なにかうまくいかないことがあるときは、この原点に帰ってみるのが良いのかもしれません。

編集後記

昨日と今日はクロスバイクで移動。

昨日は朝走って、日中がクロスバイク移動だったので、夜は少しくたびれてました。

明日から天気が悪いようなので、運動するならジム。外と内は併用すると便利です。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク