スポンサーリンク

やっていないことはブログに書けない。書くためにやる。やるために書く。

Pocket

ブログに書いていることは、基本、日々やっていること、ライフワークになっていることです。

そこから派生して、あったこと、思ったこと、考えたことを記事として上げています。

言い換えれば、やっていないことは書かないし、書けないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっていることを書く

ブログに書いていることは、実際に自分で経験したこと、体験したことをベースに話を広げて書いていくことがほとんどです。

日々やっていること、ライフワークになっていることとして、ある程度自分の身になっていることや、継続してやってきたことを書いています。

このブログでいえば、

・税理士の仕事

・税金や会計に関すること

・早起き

・ランニング

・読書

などが、大きな柱になっています。

これらを、やっているからブログに書いているのです。

やっていないことは、書けません。

やっていないことを書けるか?

ブログを続けるうえで、自分がやっていないことばかりについて、毎日書けるか?

おそらく書けないでしょう。

やっていないことについて書くということは、どういう感じになるんでしょうか。

・今度あれをやってみたいと思っている

→でも、やらない

・いま、××が流行っていますね

→しかし、自分は手に取っていない

・××があるけど、良さそうですね

→実際いいかはわからない

こうやって、なにかを取り上げようとすると、全部架空の話というか、完全に思ったことだけを書いていくことになるので、それこそ難しい。

あるいは、日記を書く感じになるかもしれません。「どこどこ行って、お茶したとか」

仮に、私がすでに有名人で、ファンがいてとかなら、まだ分かりますが、全くそういうんじゃないですからね(笑)

やっていないことを書くのは、やはり難しいです。

書くためにやる・やるために書く

やっていないことを書くのは難しい。やっていないことだけを書いて、継続は難しい。

だからこそ、やっていることを書くことにしています。

すでにやっていることでも、新たに始めることでも、書くためにはやっていなければいけません。

やっていることでも、ちょっと気が抜けていたり、若干遠ざかっていたりして、やっていない状態になってしまっていることがあります。

そういった状況にあることは、書けないのです。

「やってないな・・・」って思っているときは、書くことを考えて、やっている状態に戻すようにしています。

書くために、やるわけです。

そして、やっている状態にあることは、書くことでやり続ける契機になります。

やるために書く、というわけです。

また、新たにやってみたいことは、書くことを思えば、尻込みせずに始めることができます。

やれば、書けますからね。

やることと、書くこと、これらは密接に絡んでいて、相互に大きな効果をもたらしてくれていると思っています。

書くためにやる、やるために書く、ということを通して、視野を広く、絶えず続けるということに繋がります。

これからも、書くためにやり、やるために書いていくつもりです。

編集後記

今日は、とある事情により、予定を大幅に変更・・・。

急なリスクは常に考えておかなければならないと実感。

こちらも新しい取り組みが必要そうです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク