スポンサーリンク

売上はあるはずなのに会社にお金が残らない?会社にお金を残したいなら考えておきたい3つのこと。

Pocket

会社、事業にとって大事なものといえば、やはりお金です。

お金がなければ支払いは出来ず、投資もできません。

単に売上を伸ばす、利益を出すということに加えて、お金を残すためにやっておきたいことがあります。

売上よりも利益よりも、やはり大事なのはお金

会社や事業にとって、売上や利益は大事なことですが、お金の存在も忘れてはいけません。

売上が上がっていて、利益も出そうだと思うと、それだけでお金が回っていきそうな感がしますが、案外お金は残っていなかったりするものです。

その原因は、

・売上はあるけれど、入金が滞っていた

・不必要な、余計な支出が多い

・税金を払いたくないために、過度な節税をしている

といったことが考えられます。

こうした3つの原因は、同時にお金を残すためのポイント3つにもなります。

この3つを気を付けることで、会社にお金を残すことができます。

売上は回収してこそ意味がある

会社にお金が残らない大きな理由、そして最大の問題として、

「売上はあるけれど、入金が滞っていた」

というものがあります、

仕事を受けて、提供はしたものの、お金が入ってきていません。

この場合、売上はすでに上がっていて、数字上は利益を構成するので、それだけで良いような気がしてしまいますが、お金が入って来なければ意味がありません。

仕事を取って、売上や利益の見ることに注力していると、お金の入金が滞っていたということは、よくあることです。

売上や利益のことと同時に、お金のことも考えておくようにしましょう。

具体的には、

・出来るだけ、前金でお金をもらう

・支払期日は指定する

・期日を過ぎて支払いがなければ、当然のように確認・催促する

ということがあげられます。

仕事、売上はお金が入ってこそ意味があります。

「お金お金」とうるさく言うのは嫌がられますが、自分のなかで大切なこととして考えておくのは、お金を残すためには大事なことです。

払わなくても良いものを払っていないか?

また、実は案外と多いのが、

「不必要な、余計な支出が多い」ということがあります。

当然ではありますが、お金は払えば手元からなくなり、目減りします。

よく聞く言葉で言うのであれば、「経費削減」をしましょう。

とはいえ、必要な支払いを限界まで削って・・・というのではありません。払う必要のない支払いを止めれば済む程度のことです。

会社やビジネスをやっていると、少なからず、不要な支払や余計な支出があったりします。

・知り合いの付き合いで入った、使っていないサービス

・月会費は安いからと参加した会や勉強会の会費

・当初は無料、安価だったから加入したが、気付けば通常料金になっていたサービス

など。

知り合いからの誘いで仕方なく入ったサービス(しかも全然使っていない)や、安いからという理由で申し込み・加入したようなもので、今は行っていなかったり参加していなかったりするものがあれば、解約してしまいましょうという提案です。

これら、不要で余計な支出は払わなくなって困るものではなく、まとめてみると案外大きな金額になったりします。

お金を残すためには、不要・余計な支払いを止めるということも必要です。

税金を払わなければ、お金は残らない

税金を払いたくないがために、過度な節税を節税をしているケースがあります。

もちろん、必要な節税はすべきですし、提案もしています。

ただ、過度に節税をすることは勧めていません。その理由は税務署対策ではなく、お金が残らないからです。

法人であれ、個人事業であれ、ビジネスの税金は利益の金額をベースに計算することになっています。

当然、利益が小さければ税金が小さくなります。過度に節税をすれば、限りなくゼロに近づけさせることができます。

たとえば、交際費を使う、あまり必要ではない設備投資に使う、車を買う、保険料を支払う。

基本的に、節税はお金の支出を伴います。お金が出ていくからこそ、節税ができるものだったりします。節税をすると、お金は残らないということです。

逆に、過度な節税はせずにお金を払わないでいれば、税金を払っても手元にお金は残ります。

中小企業なら、利益800万円までであれば約30%が税金と考えると、70%は手元に残ることになります。

お金を残すために、ある程度の税金は払うと決めることで、手元にお金を残すことができるというわけです。

売上・利益だけではなく、お金を残すことそのものに注目して、いくつかポイントを書いてきました。

お金に対してうるさく言うのは印象が良いとは言えませんが、会社や事業・ビジネスのためには避けて通れないことです。うるさく言わないにしても、自分のなかで大事な要素として持っておくべきことです。

お金がなければ、支払や次の投資への動きも鈍くなってしまいます。

お金を残したい、現状お金が残っていないのであれば、是非考えてみてはいかがでしょうか。

編集後記

けさは、6時すぎに起床。

昨日の朝、ブログが早めに書きあがったので、涼しそうな外を見て久々に朝ランへ。

が、止まっていれば涼しいところ、走り出すと想定外に汗が。結構きました・・・。

まだまだ夏、暑さ対策は必要ですね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク