スポンサーリンク

ブログ365。ブログを365記事、1年の日数分書いてきて思ったこと。「ブログは自分事」だということ。

Pocket

ブログの記事が、先週365記事を超えました。

365。一年間の日数です。平日毎日更新なので、1年半ほどかけて、365記事となりました。

ここまで書いてきて思ったことは、「ブログは自分事」だということです。

ブログはそうそう読まれるものではない

ブログを書き始めたとき、「どんな人が読むか分からないし、変に反響があったらやだなぁ」などと思いつつ、記事を進めていました。

当初、ブログをアップすれば、すごい数の人が見てくれると思っていたところがありました。

後になって分かることではあるのですが、ブログの記事はそう読まれません。最初の頃は一日に5アクセスとか、多くて20アクセスほど。よく気にして見ていました。

イメージに反し、実際はそんなもんでした。小さな反響はあったのかもしれませんが、過度に気にすることはなかったのです。

「読んでくれることを励みにしよう」「良い情報をお知らせしよう」と思えば、ブログは続けてこられなかったかもしれません。

ブログは「自分事」なのです。

ブログは「自分事」

ブログを書くときに、「これは読まれるか?読まれないか?」、これを意識して書くと、ブログは続かない気がします。

アフィリエイトや、ブログ広告で収益を目的とすれば、それを意識して書く必要はあるのでしょうが、そうでなければ、読まれるかどうかは気にする必要はないでしょう。

読まれるか読まれないかで書こうとすると、何をどう書けば良いか、迷いが出ます。そうなれば、書き進めることは出来ない。そして、当初は全然読まれないわけで、読まれることを気にしていたら、「もうやめた」となってしまうことにもなりかねません。

だからこそ、自分が経験したこと、学んだことや遭遇したことなど、書きたいと思ったことを書く。ブログは「自分事」ととして進めるのが、続けるコツだったなと思っています。あまり外を気にしない。

先日、知り合いと歩きながら話しているときにブログの話になり、

「そういや、最近ブログ見てないけど、まだ続けてんの?」という、衝撃的なコメントもありました。「いやぁ、続けてるよ」と。

友達や知り合いだとしても、ブログを毎回読んでくれるものではありません。むしろ、ほぼ読まれないと思っていた方が良いでしょう。

とはいえ、ブログは続けていると、なんとなくアクセスは伸びるし、結構読まれてはいます。それは、一度だけ通りすがっただけかもしれないし、定期的に見ているかは分かりません。

たまにアクセスは気にしつつも、基本は気にしない。

ブログは「自分事」として進めるのが、続けるコツだったというのは、そういうわけです。

日課のように、コツコツ続けるしかない

もともと、ブログを書くようになったのは、なんとなく続いてる毎日を変えたかったからというところがありました。

普通にやってたら、これから先も、そこそこ、同じように進むんじゃないなかとも思って。

いろいろな浮き沈みはあるのでしょうが、良くも悪くもそんなイメージがありました。

とはいえ、ここまで365記事、一年半書いてきて、毎日が変わったかといえば、ブログを書くために早く起きたり、何を書くかで考えたり悩んだりすること以外では、そこまで変わったことはないかもしれません(笑)

ただ、たまにブログからの仕事依頼もあったし、0.1くらいづつは変わっているのでしょう。

今は日課のようになっていて、毎回何かを期待して書いているというわけではありません。

日課のよう、というか日課ですが、これからも「自分事」として書き進めていこうかなと、思っています。

編集後記

昨日、22日は湘南国際マラソンのトレーニング日だったはずが、台風の影響で中止に・・・。

予定では2時間走をやることになっていました。2時間、20キロほど走るつもりが中止になり、それを知った土曜の夜から何やら風邪っぽくなり、昨日日曜はゆっくりしていました。

気が緩んだみたいです。

今朝起きたらスッキリしていたので、ブログ論書いてみました。ブログ書いていて、まぁネガティブなこともポジティブなこともあります。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク