スポンサーリンク

社会のことは、やってみなければ分からない事ばかり。見る・聞くだけではなく、「ちょっと」でも良いから実際に触れてみることに価値はある。

Pocket

社会にはいろいろなものがあります。

詳しく知っていること、少し知っていること、知らないこと、様々です。

そうした社会にあるモノゴト。見聞きするだけではなく、少しでも良いから実際にやってみることにしています。

年始に、まずは仮想通貨を購入してみました。やはり、自分でやってみて分かることがありました。

仮想通貨を購入してみた

2018年の年始に、仮想通貨を購入してみました。

2017年は、ビットコインをはじめとした仮想通貨の報道が多くありました。

あれだけ騒がれていて、話題になっている仮想通貨。

正直、「いまのタイミングだと出遅れているのかな?」とも思いましたが、やってみなければ分からないことがあると思い、始めることに。

仮想通貨は、取引所によっては数百円からでも買えるので、まずは手持ちの小さいお金でトライしてみました。

取引所に登録し、本人確認をし、お金を入れて、自分が選んだ仮想通貨を買う。そして、購入後は、その仮想通貨がどう動くか見ていました。

結果、一週間ほどした頃、自分が購入した仮想通貨の価値は、購入時の半分ほどに・・・。

しかしながら、こうなっても良いと思える金額でトライしていたこともあり、焦りはなく。しばらくそのまま置いておいて、動きを見ようと判断しました。

これらすべて、自分でやってみなければ、分からないことでした。

見聞きでなく、自分でやってみて分かることがある

仮想通貨を購入するまでの登録と、小さい金額ですが実際に購入、そして金額が動くという一連の流れを実際に経験することができました。

「そういうことがある」「こんな感じらしい」といった、情報を見聞きするだけではなく、実際に自分でやってみることには大きな違いがあると思っています。

見聞きしただけの情報では、ただ表面だけのインフォメーション。適当に話に乗ることは出来るでしょうが、少し立ち入った話は出来ないでしょう。

小さい金額でのトライでも、自分でやるからには色々調べます。そして、やりながら体験を通して理解が進みます。これは、見聞きしただけとは、違った価値があります。

今回は仮想通貨の購入でしたが、何事においても、「ちょっと」でも良いからやってみることに、意味はあります。

いわゆる、ゼロとイチが大きく違うというようなこと。ちょっとでもやってみることは、大きく違ったものになります。

こうした経験は、税理士であれば大きく活かせる

知っているだけではなく、ちょっとでも良いから実際にやってみること。

これは、人として、話としての意味合いもありますが、税理士という仕事をしていると、大きく活かせることです。

税金は社会の動きに目を付けて、税をかけるものです。

モノ・サービスを売る、あげる、もらうといった、様々な取引をはじめとして、社会のなかでの動きに税金はかかってくるものです。

仮想通貨の売買で儲かった場合についても、税金がかかることになるというお達しが、国税庁から出ています。これらの取扱も、実際に自分で仮想通貨の購入をしているからこそ、理解がしやすくなります。

こうした、税に係るモノゴトそれ自体を知っていることが、税を扱う上では大きなアドバンテージになるものです。

だからといって、不動産投資や株式投資をやれるかといえば、何でもできるわけではありません。

出来ることのなかで、やってみるということです。

編集後記

昨日は事務仕事の後、自分の確定申告の準備。

会計freeeでの処理を進めていました。まだ途中ですが、思いのほかスムーズに進みました。

1月中にまとめます。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク