スポンサーリンク

税理士とは何者で、何をしているのか・・・?税理士という仕事は税理士自身が思うほど、知られていない。

Pocket

税理士という仕事は、税理士当事者が思うほど、世間では知られていないようです。

というのも、今年になってから、「税理士って何してるの?」という質問を、いくつかもらったからです。

それと合わせて、1月に小学校で租税教育の授業をしたときに、税理士の仕事について子どもたちに話したことを思い出しました。

今日は、税理士とはどういう仕事をしているのか、小学校で話したことを振り返ることで、考えてみます。

IMG_1684

何者で、何をしているのか分からない税理士・・・

「税理士って、実はあまり知られていないのだなぁ」と、思うようなことが、今年に入ってから、1月・2月で、何度かありました。

そのひとつは、1月に小学校へ租税教育の打ち合わせをしに行ったときに、担当の先生4人と話をしているときでした。

「税理士って何してるんですか?」「税務署で働いてるんですかね?」

おっと・・・!

税理士が何をしているのかは、聞かれる可能性があるとは思っていましたが、税務署で働いていると思われているとは想定外でした。(笑)

そこでは説明をして、なんとなく納得してもらいました。

そして、もうひとつは、つい最近の無料税務相談でも、相談に来られた方と、相談しながら雑談をしていると、ここでも税理士がなにをしているのかという話になりました。

ちょうど、その方の申告をe-taxでしているところだったので、「これですよ、こういう仕事!」と、笑いながら話をしました。

税理士をしていると気付かないのですが、税理士というワードは知っていても、何をしているのか知っている人は、案外多くないのかもしれません。

小学生に話した、「税理士の仕事とは!?」

税理士は何をしているのかということについて、先月、小学校で行った租税教育の授業で、話のひとつとして取り上げました。

そのとき、こんなことを話しています。

・税金を納めないといけない人が、自分がいくら納めるのかわからないという場合に、税金の計算を手伝ったり、代わりに書類を作ったりする仕事。

具体的には・・・

・自分で会社をやっている社長さんの、会社の税金について教えたり、計算したりする。

→会社は儲けに税金がかかるので、申告書という税金の計算のための書類を作って、税務署に提出して、税金を納める。この税金の計算が難しいので、どうやって計算するか教えたり、書類を代わりに作る。                                 (書類は紙で出すと結構厚くなって、社長が自分でやるのは大変!)

・アパートを貸しているおじさんの、家賃に税金がかかるので、その計算のお手伝い      (個人の確定申告書を見せながら・・・いろいろ書かなくちゃいけなくて大変なので、代わりに作ることが多い)

・自分の家を売った人も、税金がかかることがあるので、その計算のお手伝い

→(実際は税金がかからない場合もあるけれど)原則的には、高く売れれば、税金がかかるという話をした。身近なところでもかかるという話。

分かりやすいところで、このあたり、ざっくり説明してみました。

そして、これに付け加えたのは・・・

・税理士は税務署では働いていない

・税理士は公務員でなくて、一般の仕事

・(例にあげた社長の話を引き合いに出して)社長さんが税務署から計算の間違いの指摘を受けたりしたときに、税金のプロである税務署と、社長さんとでは、話がうまく通じないことがある。そのときに、税務署と社長さんの間に入って、仲介人のようになる。             (税務署が話す税金の専門用語を通訳するような感じ)

・弁護士さんが法律の専門家で、税理士は税金の専門家

と、このあたりまで、説明を付け加えました。

正直、税理士の仕事を説明するのは難しい・・・!

でも、詳しく説明すれば余計深みにはまりそう。でも、こんな感じなんですよ!

税理士がよく分からないのは無理もない気が・・・

税理士と聞いて、税金を扱うということは漠然と分かっても、そもそも、「税金」自体がどういうものであるかということが、そこまで普及していないので、税理士が何をするか分からないのも、無理もない気がします。

弁護士が法廷に立つような(実際はそうでもないとしても)、イメージが税理士にないのも、影響しているのかもしれません。

正直、どんな職業でも、具体的にどうかと聞かれれば、実はよく分からないということも多いのではないでしょうか?

そんななか、なんとか説明してみれば、小学校で話した内容かなと・・・?

ついでに言ってしまうと、私自身、最初に税理士の勉強を始めて、簿記をやっていたときですら、どんな仕事をするのか分からずに勉強をしていますからね。

最近ようやくわかってきたと言っても・・・。

これを機に、税理士の仕事をうまく説明できるようにしておきたいところです・・・!

編集後記

昨日の日曜日は、初めて行く勉強会へ参加。

これまで出会ったことがないような人が集まっていて、新鮮でしたね。

セッションも新しい試みで、今後が楽しみです・・・!


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク