スポンサーリンク

学びの棚卸しをしよう。読書・メルマガ・ブログ・・・抱えていると気付いたら、棚卸しでやめる・手放す。

Pocket

読書やメルマガ購読・セミナー参加等をすることで、継続的に様々な分野について学んでいます。いわゆる、大人になってからの学びです。

こうした学びについては、定期的に棚卸しをするようにしています。やめる・手放す棚卸しです。

そうすることで、「やっている風」に陥ることを避けられます。

大人になってからの学びは楽しいけれど・・・

スキルアップ・漠然とした先行き不安・ただ好きだから。

理由はそれぞれありますが、大人になってから、仕事はしつつ、自主的に学びを入れているという方は少なくありません。

仕事に関連することはあるにせよ、大人になってからの学びは楽しいところが良いです。

学生のときの教科書とは違い、好きな本を読めるし、なにをやってもOKです。やらされるものではなく、自分が興味があるものについての勉強なので、それは楽しい。

その一方、自分のペースでやる関係から、「あれもやりたい、それも、これも」と、多くを抱えてしまうということもあります。そうなると、どっち付かずになってしまいます。

私も、書籍・定期購読・ブログ・メルマガ購読・セミナー参加等で、自分の学びを展開をしていますが、気付くと消化不良を起こしていることがあります。

本は積読、メルマガもたまってしまうという状態です。

こうなり始めている・・・と気付いたタイミングで、学びの棚卸を入れることにしています。

何でも出来るわけじゃないから、やめる・手放す

仕事もしつつ、それ以外に本を大量に読み込み、メルマガ・ブログ執筆まで、多岐にわたってこなすという方はいますが、私はそこまで器用ではありません。

私が税理士という仕事に加えて、自主的な学びとしてやっていることは、

・平日毎日更新のブログ執筆

・週に2冊程度のペースの読書

・雑誌定期購読2誌

・毎日配信のメルマガ購読(現在は一つのみ)

・たまに走る(ある意味学びとして)

・月に2回程度セミナー参加

いま思いつくなかでは、この辺りです。

読書を除いては、20代後半の、大人になってから始めた学びです。

器用でない私は、これくらいがちょうど良いと思っています。あくまで、自分のペースは崩さず、楽しみ要素を残して、続けるものと考えているからです。

何かの比重が重くなり、他が疎かになるようであれば、棚卸しをするようにしています。つい先日も、しばらくとっていたメルマガの定期購読を2つやめました。読書が停滞していたからです。

学びの棚卸しをする理由は、単純に消化不良で出来ないことに加え、学んだつもりにならないためでもあります。

多く抱えるとやっているつもりになるが、実はやってない

大人になってからの自主的な学びが楽しいと思える理由は、自分のペースで好きにできるというところにあります。しいていえば、管理者は自分です。

だからこそ、自分が管理者として、棚卸しは必要です。

というのも、自由だからと多くを抱えてしまうと、抱えているだけで何もしていなくても、やっているようなつもりになってしまうということがあります。

「あれをやって、これを読んで、それを片付けて」とは考えていても、考えているだけで実はあまり進んでいない。

それだったら、手放して減らして、出来ることを確実にやったほうが良いと考えているからです。

なんとなく、あれもこれも抱えていると、やっている風ではありますが、実際にやっていないのであれば、意味のないことです。

できること、やれることを確実に進めることに意味があります。加えて、楽しさがあればちょうど良いです。

停滞している、手についていない、という状態にあるのであれば、「いかにこなすか?」を追い求めるのではなく、棚卸しでやめる・手放すを考えても良いかもしれません。

編集後記

昨日は法人の書面提出で、税務署・県・市回ってきました。

今は電子申告でやることも多く、役所回りは減っていますが、以前は結構回っていたなと思い出しました。

原点回帰で、たまには良いものだなと感じましたね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク