スポンサーリンク

領収書と経費・レシートの関係。領収書じゃなくてもレシートがあればオーケー。領収書だったら経費として認められるわけではない。

Pocket

お店の店頭でよく聞くのが、

「領収書ください」

という、やりとり。

おそらく、その支払を経費にするためでしょう。

実は、必ずしも領収書でなくてはいけないわけではなく、レシートでも十分、支払を証明することに使えます。

むしろ、領収書よりレシートの方がいい場合も・・・。

そんな、経費と領収書・レシートの関係についてみていきましょう。

領収書じゃなくても、レシートがあればオーケー

支払を経費にするためには、その支払いを証明するものが必要です。

基本的には、

・いつ

・どこで

・いくらで

・どんなもの

といったことが分かれば良いとされています。

それらが、一般的には領収書やレシートで網羅されています。

よく、何でも領収書をもらっている人がいると聞きます。飲食店から、小さな買い物まで、すべて。

これに関して、「レシートではダメなの?」という疑問を聞くことがあります。

答えは、レシートでもオーケー。

レシートは、それだけで支払いを証明することができるだけでなく、むしろ領収書より証明するチカラがあったりします。

経費と領収書・レシートの関係について、ここからはこんなことを見ていきましょう。

・領収書なら経費になる神話はない

・領収書がかえってあやしくさせてしまうことも・・・

・自分で何の支払か分からなくなるケースがある

領収書なら経費になる神話はない

経費と領収書についての話で、

「領収書をもらっておけば、どんな経費も認められる」

という神話があります。

これに関しては、そんな神話はない。その一言です。

仕事での支払いはもちろん、プライベートや家族と利用したお店も何もかも、領収書があれば経費でいけると思っている人がいるのですが、そんなことはありません。

領収書を頼むと、レシートよりもソレっぽいものがもらえます。なんとなく、それがあれば経費でいけそうな雰囲気なのかもしれませんが、決して雰囲気で経費が認められるわけではないのですよね。

経費になるかどうかは、領収書であるかどうかは関係なく、それが仕事のために必要な支払かどうかです。仕事であれば、領収書でも良し、レシートでも良しです。

領収書なら何でも経費になるわけじゃありません。

領収書がかえってあやしくさせてしまうことも・・・

お店でレシートをもらうと、お店の情報や金額とともに、どんなものを買ったかが分かります。

一方で領収書。こちらはどんなものを買ったかは書いていないケースがほとんどです。

お店の情報・金額・日付。そんなところでしょう。一筆で、「品代」とか、「贈答品」とか書くことで、その内容を示す程度です。

基本的にレシートが発行されるお店で、すべて領収書をもらった場合、それらは領収書を見ただけでは内容が分からなくなってしまいます。

それが、税務署の調査の際に、ほとんど内容が分からないことでかえってあやしく思わせてしまうということが考えられます。

具体的に内容が分からないことで、本当に仕事に使っているものなのかが、あやしくなってしまうということです。

あるいは、内容が分からないことを逆手にとり、何でも領収書にしておけば内容が分からないので経費にしてしまっているケースもあるかもしれません。

これについては、調べてしまえば分かってしまうということを理解しておきましょう。

内容が仕事なら、レシートだけもらっておいても証拠としては機能します。

領収書としたことで、あやしく思われるようなお店で買い物をする場合、あえてレシートだけをもらっておくのも手ですね。(領収書しか出ないお店は仕方ありませんが)

自分で何の支払か、分からなくなるケースがある

レシートがでるお店で、領収書をもらった場合、レシートは回収されてしまうことがほとんどです。たまに、領収書にも買い物の内容が書かれている場合がありますが、多くはないでしょう。

領収書だけをもらうと、後々経理をやろうとしたとき、自分でその支払いが何のためのものだったかが分からなくなってしまうということがあります。

特に、何でも売っているスーパーやホームセンターなどの場合は、より分からなくなってしまいます。

この点では、レシートの方が良いと言えます。

領収書をもらったら、自分で裏に何を買ったか、メモを書いておきましょう。

経費と領収書・レシートの関係について書いてきました。

仕事のための支払いであれば、必ずしも領収書をもらう必要があるわけではありません。

レシートでも良く、場合によってはレシートの方が良い場合もあるかもしれません。

いずれにせよ、領収書だから経費になるわけではなく、仕事だから経費になるというポイントはしっかりおさえておきたいところです。

編集後記

けさは、4時半すぎに起床。だいぶ調子が良いです。

昨日は定期ミーティング、決算作業の準備などを。

今日は台風で天気が乱れる様子。気候を見て動かないといけないようです。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク