スポンサーリンク

「あの人ちょっと苦手・・・」、そう思う相手でも、案外打ち解ける。

Pocket

それぞれ、人付き合いのなかで、苦手だと思う相手がいるかもしれません。

「あの人ちょっと苦手だな」

「うまく話せないな」

と、いったように。

ただ、話してみると、案外と打ち解けることも多いです。

IMG_1716

苦手な相手とは、話すことで打ち解ける

私が属している、あるコミュニティがあります。

そのコミュニティで知り合った方がいるのですが、正直、その方に苦手意識を持ってしまっていました。

初めて会って話したときに、うまく話せなかったのです。

話がうまくかみ合わず、意図がうまく伝わらなった。

そして、一度目のセッションを終えました。

しかしながら、早いうちに二度目の話す機会が得られました。

二度目は、自分の仕事観や、人生観などについて、これまでの経験や体験を通して学んだことについて、共有することが出来たのです。

こうやって、あくまでひとつの話題ではありますが、ある程度深いところまで掘り下げてみることで、話し終えてみれば、苦手意識は消えていました。

このことで、苦手だと思う相手であっても、話してみれば多くの場合、打ち解けるのではないかと思ったのです。

苦手な相手は、知らない相手

今回の私の経験は、まだあまり知らない相手であるにも関わらず、初見でうまく話せなかったというだけで、勝手に苦手意識を持ってしまった。

しかし、話してみると、結構話せたし、結構良い人なのかもしれない、と思い始めていました。

よくよく考えてみると、苦手な相手であるとか、うまく話せない相手というのは、実はそこまでコミュニケーションを図っていない相手であることも多いのかもしれません。

お互いに良く知らないうちから、まだ外側だけしか知らないのに、相手を判断してしまっている。

「苦手な相手は、知らない相手」、であることも多いのでしょう。

まだ、相手がどういう人であって、どういう考えを持っているかも分からないのに、判断なんかできるわけないんですよね。

苦手だと思っても、臆せず話してみることが大事なんです。

相手が話してくれるなら、話して、そのうえで判断すれば良い。

私としては、この気付きから、苦手な人は作らないようにしていきたいと思っています。

人付き合いは、モノゴトに似ている

人付き合いは、ぱっと見や、サラッと流しただけでは分からない。

実はこれって、いろんなモノゴトとも共通することのように感じます。

新しい学びにしても、習得したい技術やスポーツにしても、始めてすぐに出来るというものはありません。

ある程度、練習を積み、形になっていくものです。

人付き合いも似ているようで、少し掘り下げてみなければ、どういう相手であるかは分かりません。

さらに、自分にとって本当に苦手であるかどうかも分からないものです。

人付き合いを初見で終わりにしないためには、最初に苦手だと思っても、もう一回話してみる。少し掘り下げられるところまで話してみる。

その結果、やはり苦手、あまり歓迎されていないというなら、それはそのとき。

まだ知らない相手に対して、勝手に苦手スタンプを押して避けてしまっては、実際そんなに多くはない人間関係、もったいないですよね。

人付き合い、少し踏み込む。これからの課題です。

今回は、私の気付きメモみたいになってます。(笑)

今年春からの、注意事項にしておきたいところです・・・!

編集後記

今日は昼にブログを書こうとしたところ、使っている、Surfaceのキーが効かないという事態に。

仕方なく、スマホでググって、強制終了することに。解決しました。

ネットの悩みはググりで解決することも多いです。

ネットはネットで、って感じですね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク