スポンサーリンク

値上げが前提なのが、たいていの価格改定。新しいメニューは、あえての値下げ改訂で動きを見る。

Pocket

新しく作って始めたメニューには、微調整を加えることで、どう動きがあるのだろうかとテコ入れをしています。

たとえば、価格改定。あるサービスの値段がいくらが妥当か、分からないこともあります。

価格改定とは、たいていは値上げを言うのでしょうが、あえての値下げで動きを見ることもやっています。

新しいメニューのテコ入れ。内容・書き方・いくらでか

ホームページは自分でいつでも修正変更が可能なので、あるメニューを始めようと思ったら、その日のうちに作ってアップしてしまうことが多いです。

あれをやろう → メニューを考える → アップする

これが自分で仕事をすることの醍醐味のひとつだと思っています。

ただし、その日に考えてアップしているので、少しずつテコ入れが必要であったりします。

テコ入れの対象は、

・サービス内容そのもの

・文章の書き方

・いくらでやるか

この、↑ いくらでやるかという部分が、実は難しいところだと思っています。

もちろん、自分で決めた金額ではありますが、ある程度まで妥当である必要があります。

そのため、いくらでやるかのテコ入れも加えています。

値下げの価格改定だっていい

自分でやろうと決めて、考えて作って始める、新しいサービス。せっかく始めるのであれば、ぜひとも申し込んでもらって提供したい・・・。

そう思うのが人情?、というか、人の心です。

そこで、価格にテコ入れをすることもあります。要するに、値下げの価格改定です。

たとえば、あるメニューがあります。

(個人事業の方限定)今年事業を始めた方向け税金相談

個人事業やフリーランスで事業を始めた方向けの、税金についての相談サービスです。

「個人事業始めたけど、どうすれば良いのかな?」ということについて、ざっくり聞けるものです。

このメニューをアップしたのが、7月。反応がなかったので、少し間を置いてから値下げの価格改定を加えました。

ある程度の価格帯を守りたいという思いはありつつ、妥当な線を探るためには、値下げの価格改定はあっても良いでしょう。

あくまで、「あえて」であることが、大事ではあるのですが。

方針なしの値下げには問題がある

よく見ることのある、たいていの価格改定は、値上げであることがほとんどです。

価格改定のお知らせが値下げであるケースは少ないでしょう。

そこにきて、あえての値下げの価格改定なのです。

だからこそ、「あえて」にはこだわりたいところです。サービスを申し込んでもらって、提供することに意味があるので、ある程度の妥当線を探ります。

やみくもに、方針なしの値下げではいけません。それでは、ただの安売りになってしまうからです。

特に、目に見える商品仕入れがある商売とは異なり、目に見えないものを色々仕入れて、自分なりにまとめて提供しているサービスである士業なら、より気をつけたいところかなと。

テコ入れとしての価格改定。「あえて」やることになら、意味はあります。

編集後記

けさは、5時半に起床。

起きると、秋の虫が鳴いていて、涼しい朝。

もう少しすると、一気に寒くなるので、起きるのはしんどくなります。

早起きを始めるなら、寒くなる前が良いですね。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク