スポンサーリンク

CD音楽世代がリバイバルで青春の曲を聴き返すなら、ブックオフオンラインで。あれもこれも、CDを漁る。


最近、昔に聴いていた音楽を聴くのがマイブーム。再来です。

今年34歳になる昭和60年(1985年)世代の私は、CD音楽世代です。

かつて聴いていたCDをいま聴くべくたどり着いたのは、ブックオフオンラインでの購入。

CD漁り、けっこう楽しめます。

CD漁りに再熱。MDでヘビロテしていた曲が聴きたい。

昭和60年(1985年)生まれな私は、今年34歳で、もろにCD音楽世代と自負しています。

もう少し早ければ、レコード。

もう少し遅ければ、配信のみ。

ぎりぎり危ない感じで、CD世代にダイレクトインできたことにホッとしています。

もしレコード世代だったら、家中がレコードに・・・。

とにかく、CD世代。

中学高校のころといえば、北浦和のディスクユニオンに毎日通って、CDを試聴したり、中古のCDを漁ったりしたもの。

たまに書いてますが(相当需要はなく、圧倒的に読まれていない)、自分がハマっていた音楽シーンは、90年代後半から2000年代の日本のインディーズパンクシーン。

そして、それに付随して、その世代のポップスやロックらしきものも聴いていた次第です。まぁ、いろいろ聴いていたという感じです。

当時、CDを買って聴くのと同時に、TSUTAYAが近所に出来たこともあって、よくCDを借りてMDに録っても聴いていました。

ロッキンオンジャパンとか読んでいたので、載ってるバンドでCDを買うまでもないと思えば録ってMDで聴く感じです。

それで、たまに古いMDを引っ張り出して最近4~5年前まではよく聴いていました。

ところが、MDコンポが壊れたんですよね。それで、次はCDだけ再生できるものに変えて、MDを全部処分しました。

ところが、やはり寂しい。

当時聴いていたもの、かつMDでヘビロテしていたものを、最近になってCDを買って聴いています。

その買う先が、ブックオフオンラインです。

ブックオフオンラインでCDをカチカチ

学生のころ中古のCDをよくディスクユニオンで漁っていました。

黒いラック棚に詰まっているCDを、カチカチカチカチと指でズラしてひとつひとつの背表紙を見ていきます。

店に買い取られたばかりの新入荷の中古は、あいうえおABC順にはなっておらず、新入荷のエリアに詰め込まれていました。だから、どういう順に入っているのか分からず、すべてを見る必要があります。

それで、ひとつひとつ、欲しいものはないだろうか、レアなやつはないだろうかと、漁っていくわけです。

中古でCDを買うには、かつてはそういう方法しかなかったです。

ただ、今はネットがあります。

そうだ、ネットで買おう!と気付いたのが、ここ数年。特に、この1年くらいは結構ネットに揃っていることに気付き、利用し始めました。

Amazonのマーケットプレイスで買うと出品者ごとに送料がかかってくるので、数枚買う場合は送料がその都度かさむので、一枚どうしても欲しいものがある場合を除いて断念。

結果、一応それなりに状態も担保されるだろうということで、ブックオフの通販である、ブックオフオンラインにたどり着きました。

ブックオフオンラインは、ブックオフのネット版。

本だけかと思いきや、CDも結構あり、古いものになると安かったりします。

かつてCDラックをカチカチしていたように、ネットでカチカチしています。

「あぁ、あれ聴きたいな」と思うのが、割とあるのがうれしい

つい最近買ったものは、数枚。それなりに揃っているので、数を増やさないように一応厳選して買っています。

ちなみに、「配信で聴けば?」と言われそうですね。

すいません。やはり当時聴いていたCDなので、歌詞カードのブックレットも見たいんです。

最近買ったのは、こんなラインナップ。

・FOUR COLOR PROBLEM /  HUSKING BEE

中学3年くらいから日本のパンクシーンに入ったので、ハイスタ世代ではないです。AIR JAMというライブイベントの2000年に行なわれたものは、ハイスタやブラフマン、そして HUSKING BEEを知って聴き始めたころには終わっていて、ハイスタも活動休止していました。

ただ、その頃のシーンで活躍していたバンドは、やはり好きで聴いていましたね。ハスキンも、同様。

欠けボタンの浜という曲が聴きたく買ってしまった。

・「さよならストレンジャー」「図鑑」 / くるり

くるりがデビューしたとき、ちょうどケーブルテレビで知って、「東京」という曲を聴いた。中学の頃だったのでレンタルで借りてMDに録って。

デビューから数年はすべて借りて聴いていたですが、やはりMDを処分したので聴けなくなる。そして、聴きたくなった。

そこで、デビューからの二枚のアルバムを、ついつい買ってしまったという次第です。

いいですね。仕事をしながらブログを書きながら、流して聴いています。

「東京」「虹」「街」「青い空」いずれも懐かしい。

・NUM HEAVYMETALLIC / NUMBER GIRL

高校のとき、NUMBER GIRLがけっこうかかっていた。フロントマンの向井秀徳が、最近eテレのシャキーンという番組に出ていた。

それで、ついつい買ってしまった・・・。これも懐かしい。しかも、すごくいい。

最近買ったラインナップは、ここまで。

みて分かるかと思うのですが、「あ、あれ聴きたいな」と思うのが、結構そろっていて中古で買えます。ただ、やはり中古なので在庫がないときもありますが。たとえばナンバーガールの上記のCDは、いま在庫ないみたいです。

ネットといえども、やはり中古は在庫があるときとないときがあるのは、店舗と同じ。しかも、古くなると出回る可能性は低くなります。

ただ、CDで買うならディスクと歌詞カードの状態も気になるので、やはりそれなりに状態が担保されつつ、それなりに安いブックオフオンラインはいいかなと。

ちなみに、1,500円以上買えば送料は無料。それ以下でも送料は360円です。

CD世代がリバイバルで聴きたい青春のナンバー。聴きたくなったら結構聴けます。

編集後記(きのうの野田)

ブックオンライン。この記事を書くために、ちょっとのぞいてみると、やはり気になるものは、ちらほら。いや、買ってはいけない・・・。

きのうは、さいたまでも相当寒かったのですが、畑の講習会へゴー。長女を連れて。

ビニールハウスでの講習だったのですが、やはり寒く。熱いお茶とチョコを持参して、紛らわせていました。

その後は、いちごに肥料(鶏糞・バットグアノ)をやって、マルチ貼り。

本当は大根とほうれん草の生育状態を見たかったのですが、寒くて断念。

また後日です。


クラウド会計ソフト対応の税理士 野田翔一です

さいたま市大宮にてクラウド会計ソフトを専門をはじめとしてサービス提供をしている税理士です。クラウド会計ソフトを使った経理の効率化、請求書や給与ソフトとの連携で経理を楽にする提案・キャッシュレス対応へのアドバイスなどを得意としています。税務顧問・スポット相談いずれも対応しています。 税理士野田翔一税務コンテンツHPはこちら 代表プロフィール税務顧問 スポット税務相談 クラウド会計導入コンサルティング
スポンサーリンク
スポサーリンク
スポサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポサーリンク